ロシア国営石油大手 Rosneft、サハリン1の参加者を提訴

| コメント(0)

ロソア国営石油大手 Rosneft はこのたび、サハリン1 計画に参加する5社に対し、889億ルーブル(1411百万米ドル)の支払いを求め、提訴した。

各社に対する求償額は次の通りで、サハリン1の出資比率に応じている。
なお、
Sakhalinmorneftegzs-Shelf と RN-Astra はRosneft の子会社である。

出資 億ruble 百万$
Exxon Neftegas 30% 267 423.8
Sakhalin Oil and Gas Development 30% 267 423.8
Indian VIdesh 20% 178 282.5
Sakhalinmorneftegzs-Shelf 11.5% 102 161.9
RN-Astra 8.5% 75 119.0
合計 889 1411.0


サハリン石油ガス開発の株主構成は、日本政府50%、伊藤忠商事14.46%、石油資源開発15.3%、丸紅11.68%、伊藤忠石油開発 1.83%、国際石油開発帝石 6.08%などとなっている。

訴状を受理したサハリン州仲裁裁判所の発表によると、訴訟は2015~2018年の「不当な収入」と「他者の資金の利用による金利」(unjust enrichment as well as interest for using other entity's funds in 2015-2018) に対して申し立てられた。

サハリン1のオペレーターのExxon Neftegaz は、提訴内容については否定し、サハリン1 の権利を守るため戦うと述べた。

予備審問は9月10日に行われる。


訴因については、サハリン1に隣接するロスネフチ管轄の油田との原油生産の分配を巡り、5社とロスネフチの間で意見の相違があったとの情報もある。

これから考えると、サハリン1のChayvo 鉱区 & Arkutun-Dagl 鉱区と、これらに隣接するサハリン3のVeninsky鉱区との境界線での生産ではないかと思われる。

サハリン1は3つの鉱区からなる。

実は、この付近は多くの鉱区が入り組んでいる。

株主 鉱区
サハリン 2 Gazprom 50%+1株
Shell 27.5%-1株
三井物産 12.5%
三菱商事 10%
Piltun-Astokhskoye (サハリン1のArkutun-Dagiの北隣)
Lunskoye(サハリン3のKirinskyの北西隣)
サハリン 3 Gazprom East Odopinsky (サハリン1のOdoptuの東隣)
Ayashsky(サハリン1のArkutun-Daglの東隣)
Kirinsky (サハリン2のLunskoye の東隣)
Rosneft 74.9%
Sinopec 25.1%
Veninsky(サハリン1のChayvo & Arkutun-Dagl の南隣)


2006/6/6 「新・国家エネルギー戦略」発表 のサハリン計画の項を参照

コメントする

月別 アーカイブ