メルケル与党、独ヘッセン州でも敗北 、メルケル氏 党首を退任

| コメント(0)

ドイツ西部、ヘッセン(Hesse) 州で10月28日実施された州議会選挙で、メルケル首相率いる与党 キリスト教民主同盟(CDU)が得票率を大きく落とした。

第1党の座は確保するが、前回2013年よりも11ポイント強低い27.4 %と52年ぶりの低水準に落ち込んだ。

国政でCDUと大連立政権を組むドイツ社会民主党(SPD)も11.1ポイント低い19.6%と、歴史的な大敗になった。

州議会で連立を組む「緑の党」が頑張り、議席数では合計でなんとか過半数を超えた。

逆に、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が大躍進し、初議席(17議席)を確保した。

投票率 議席
今回 前回 増減 今回 前回 増減
キリスト教民主同盟 (CDU) 27.4% 38.3% -10.9% 36 47 -11
緑の党 19.5% 11.1% +8.4% 25 14 11
(州議会 連立) (46.9%) (49.4%) (-2.5%) (61)
50.4%
(61)
55.5%
(0)
-5.1%
社会民主党 (SPD) 国政で連立 19.6% 30.7% -11.1% 25 37 -12
ドイツのための選択肢 (AfD 極右) 13.0% 4.1% +8.9% 初議席 17 0 17
自由民主党 (FDP) 7.8% 5.0% +2.8% 10 6 4
左翼党 6.0% 5.2% +0.8% 8 6 2
その他 6.7% 5.6% +1.1% - - -
合計 100% 100% - 121 110 11


ヘッセン州議会の定数は110であるが、超過議席
overhang seat)制度で今回は121議席となった。
まず、小選挙区での当選者が決まる。ある党の当選者が20とする。
別途、比例代表の結果、その党に割り当てられた議席数が22とすると、その党の当選者は2名が追加される。

10月14日に実施された保守の牙城のバイエルン州の選挙でも、CDUと連立を組む保守与党、キリスト教社会同盟(CSU)が歴史的な大敗を喫し、社会民主党も得票率が半減、逆に「緑の党」と「ドイツのための選択肢(AfD)」が大躍進している。

2018/10/17  独与党、バイエルン州で大敗 メルケル政権に打撃    

ドイツメディアは今回の選挙を「運命の選挙」と名付け、バイエルン州に続き与党の退潮に歯止めがかからなければ、メルケル政権の今後は危ういと指摘してきた。

バイエルン州ではCDUの姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)が大敗したが、今回はメルケル氏が自ら率いるCDUの敗北だけに、ダメージも大きい。

メルケル首相は10月29日記者会見し、州議会選で連敗した責任をとり、保守系与党のキリスト教民主同盟(CDU)の党首を退任する考えを表明した。
12月の党大会で「党首に再び立候補することはない」。

2021年の任期切れまでは首相にとどまり、その後 政界を引退する意向を示した。

コメントする

月別 アーカイブ