東京電力、2011年1Q決算発表

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京電力は8月9日、2011年1Qの決算を発表した。

電力の販売などが落ち込んだ一方、燃料費などの費用が膨らんだため、経常損益ベースで627億円の損失となった。
特別損失に5,032億円を計上し、当期損失は5,717億円となった。

2012年3月期の連結業績見通しは、需要と供給の両面で先行きを見通すのが困難として、開示しなかった。

 

連結決算 (億円)

  2011/1Q 2010/1Q 増減
売上高  11,331  12,216   -885 
営業損益 -520 628 -1,149
経常損益 -627 494 -1,122
特別損失  災害損失 -1,055   -1,055
損害賠償 -3,977   -3,977
資産除去会計   -571 571
合計 (-5,032) (-571) (-4,460)
当期損益 -5,717 -54 -5,663

   

特別損失(億円)

    2011/1Q 2010年度   累計
災害損失 福島第一原発1~4号機  693 6,333 7,026
その他 362 3,842 4,204
合計 1,055  10,175 11,230
原子力損害賠償 精神的損害 882   882
その他
 (就労損害 1,412
  営業損害  1,012
  他)
3,094   3,094
合計 3,977   3,977

 

原子力損害賠償について:

現在の仮払とは別で、原子力賠償損害紛争委員会がまとめた中間指針に基づき、9月から賠償申込みを受け付ける。
現時点で合理的に見積もり可能な金額だが、始めてみないと分からない。

中間指針等の記載内容や現時点で入手可能なデータ等により合理的に見積ることができない風評被害や間接被害及び財物価値の喪失や減少等については計上していない。

新設する損害賠償支援機構からの賠償資金は特別利益に計上し、損失を埋める。

 

参考  2011/5/20 東京電力 決算発表

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1543

コメントする

月別 アーカイブ