New York市場、株価と原油価格 急落

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月5日のS&Pによる米国債の格下げ後、初の取り引きとなる8日のNY株式市場で、ダウ平均終値は前日比634.76ドル安の10,809.85ドルとなった。
2010年10月初め以来、約10か月ぶりの安値である。

NY原油先物相場も市場の警戒感が強まり、リスク回避の動きが加速する中、売りが加速し、
WTI原油の終値は81.31ドル/バレルとなった。
その後の時間外で一時80.17ドルまで下落した。

原油、ナフサの価格情報は http://www.knak.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1541

コメントする

月別 アーカイブ