BP Energy Outlook 2030

| コメント(0) | トラックバック(0)

BPは1月18日、2030年までのエネルギーの見通し  BP Energy Outlook 2030 を発表した。グラフは一部補正した。
http://www.bp.com/liveassets/bp_internet/globalbp/STAGING/global_assets/downloads/O/2012_2030_energy_outlook_booklet.pdf

1)エネルギー需要と供給

世界のエネルギー需要は過去10年の年2.5%の伸びから2020年までは2.0%、以降10年で1.3%の伸びと、伸び率は低下する。
OECD諸国(先進国)の需要は伸び悩みで、全体の伸びはNon-OECD諸国の需要の伸びによる。

 特に中国のエネルギー需要の伸びが異常に大きい。

 インドは2030年には人口では中国と肩を並べる。
 しかし、中国のGDPが今後、急増するのに対し、インドのGDPは増加はするが伸び率は中国より少ない。

 これが、エネルギーの需要にそのまま反映されている。

 中国の需要は以下の通り。今後も石炭の比率が圧倒的。

2)石油類(オイルサンド、バイオ燃料を含む)の需給

 石油類の供給の2010年からの増減は以下の通り。
 NGL、オイルサンド、バイオ燃料の貢献が大きい。

3)天然ガス需給

 供給面ではLNGの貢献が大きい。

 

 

4)石炭の需要

 中国の需要が大きい。

5)非化石燃料の需要

 OECD諸国では、原子力と水力は横ばい、再生可能エネルギーが増大する。
  Non-OECDでは、原子力と水力、再生可能エネルギーがそれぞれ、大きく増大する。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1713

コメントする

月別 アーカイブ