夏の電力対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

政府は5月14日、関係閣僚による「エネルギー・環境会議」などの合同会議を開き、原発再稼働がない場合の節電目標の原案をまとめた。

各電力会社の予備率を元に、安全を見て(火力トラブルを懸念)、北海道 7%、関電 20%、四国 5%、九州 12%の節電目標を決めた。

なお、中部、北陸に5%、四国に元の5%に+α の節電を要請し、関電、九州に融通することを検討する。
これにより融通が増えれば、関電を15%、九州を10%に目標を圧縮する。

電力不足の恐れのある関電、九州、北海道、四国の4電力会社で、計画停電の準備に入る。

関電管内では、大口需要家に罰則付きで節電を強制する「電力使用制限令」の発動も検討する。

政府は週内に目標を正式決定する。

付記 政府は5月18日に節電目標を正式に決めた。
      関電の使用制限令は回避。
      北海道、関西、四国、九州では計画停電の準備を要請。

電力会社

予備率          %

2010年
実績比

節電目標 5/18 決定
予備率
%
安全を
見て
(+3%)
実施 検討

使用
制限令
検討

計画
停電
準備
検討
節電
目標
北海道 -1.9 -4.3 -7.3 7% 7%   7%以上
東北 3.8              
東京 4.5              
中部 5.2       5%     5%以上
関西 -14.9 -18.4 -21.4 20% 15% 15 %以上
北陸 3.6             5%以上
中国 4.5       5%     5%以上
四国 0.3 -1.7 -4.7 5% 5%+α   7 %以上
九州 -2.2 -12.1 -15.1 12% 10%   10 %以上
合計 0.1              
関電の場合、20%の節電をすれば、揚水供給力が増加するため、不足を生じない。九電も同じ。

需給検証委員会電力9社の8月の原発稼働ゼロの需給見通し(万キロワット

電力会社 供給力 最大需要 需給
過不足
予備率  %
最大 随時
調整
差引
北海道 485 500 -6 494 -9 -1.9
東北 1,475 1,434 -12 1,422 53 3.8
東京 5,771 5,520   5,520 251 4.5
中部 2,785 2,648   2,648 137 5.2
関西 2,542 3,015 -28 2,987 -445 -14.9
北陸 578 558   558 20 3.6
中国 1,235 1,182   1,182 53 4.5
四国 587 585   585 2 0.3
九州 1,574 1,634 -24 1,610 -36 -2.2
合計 17,032 17,076 -70 17,006 25 0.1
 
最大需要は2010年夏並みの猛暑を想定。


 2012/5/12 電力の需給検証委員会 

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1836

コメントする

月別 アーカイブ