宇部興産、タイでPTT子会社と資本提携

| コメント(0) | トラックバック(0)

宇部興産は5月23日、同社のタイの子会社UBE Chemicals(Asia)の株式の一部をPTTの子会社IRPC Public Companyに譲渡する契約を締結したと発表した。

IRPCは約53億バーツを出資し、UBE Chemicals(Asia)の増資引受及び宇部からの購入で25%の株主となる。
これに伴い、出資比率は以下の通りとなる。

宇部興産   68.99%(←92.67%)
IRPC      25.00%
丸紅        4.78%
その他      1.23%

IRPC は、天然ガス・石油関連を主なビジネスとするタイ最大の上場企業であるPTT Public Company Limited グループの中核会社の一社。旧称 TPI (Thai Petrochemical Industry)で、経営危機に陥り、PTTが38.51%を出資した。

生産能力:エチレン360 千t、プロピレン312 千t、SM 200 千t、HDPE 152 千t、PP 475 千t、ABS 116 千t

UBE Chemicals(Asia)の工場はIRPC の石油化学コンプレックスに近接し、IRPC から硫黄などの原料やユーティリティの供給、港湾設備・貯蔵タンクなどのサービスを受けている。

今回の資本提携により、宇部興産は、IRPC からのより競争力のあるコストでのサービス提供が期待でき、また、今後タイで新たに展開する宇部のプロジェクトにPTT グループが参画することで、原料・土地・ユーティリティの確保、PTT グループの既存設備の有効活用などのメリットも期待している。

ーーー

UBE Chemicals(Asia)は、2010年2月1日に下記の2社を吸収して設立された。
ナイロン樹脂、ナイロンコンパウンド、カプロラクタム、硫安、その他製品の製造・販売を行っている。

1.Thai Caprolactam Public Company  

業務:カプロラクタムおよび硫安の製造販売  
出資:宇部興産     44.45%
53.63%91%
      
 TPI Polene   31.79%
26.50%  0%
             丸紅   14.62%
12.20% 7%
             Bangkok Bank   0  
 →  2.57%2%
能力:
カプロラクタム 110千トン(
13万トン)、硫安 460千トン   

2.UBE Nylon (Thailand) Ltd.   

業務:ナイロンの製造販売 
出資:宇部興産 51%
91%100%
   TPI            40%
0
         日商岩井    9%
9%0
能力:
ナイロン6  74,500トン
   
ガラス強化コンパウンド  6千トン

ーーー

宇部興産は2008年12月PTT Public Company Limitedと、カプロラクタム、合成ゴムなど化学事業についてタイ国における共同事業化を検討することを決定し、覚書を締結したと発表した。

豊富な化学原料を持つPTTは、川下製品への進出によりチェーンの強化を図っており、化学製品をグローバルに生産販売している宇部興産との提携は、原料の確実な確保とタイでのさらなる事業拡大を行いたい宇部興産のニーズと一致し、検討を進めることになった。

宇部興産が既にタイに生産拠点を持つカプロラクタム・ナイロン・合成ゴムに限らず、幅広い化学事業を対象としてタイでの事業化の検討を両社で行うとした。

2008/12/23 宇部興産、タイでの化学事業のPTTとの共同事業化を検討

ーーー

宇部興産はタイに他に下記の子会社を持つ。

Thai Synthetic Rubbers Co.,Ltd. (ブタジェンゴムの製造販売) 

出資:宇部興産 73.1%、丸紅 13.0%、TSRC(台湾) 13.0%ほか
能力:72千トン(当初 50千トン)

UBE Fine Chemicals (Asia) Co., Ltd. (ファインケミカル製品の製造、販売)

出資:宇部興産 100%
能力:
1,6へキサンジオール、併産1,5ペンタンジオールを含め年産能力 6,000t

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1848

コメントする

月別 アーカイブ