中国、2カ月連続で利下げ

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国人民銀行は7月5日、前回の6月7日に続き、2カ月連続で利下げを行った。実施は7月6日。

4-6月の成長率が6四半期連続で減速するとみられることから、景気のてこ入れのため踏み切った。

1年物貸出金利は6.31%から6.00%に、1年物預金金利は3.25%から3.00%に下げた。

人民銀行はさらに、貸出金利の下限を基準金利の80%から70%に引き下げ、銀行の裁量を拡大した。

貸出金利

  基準金利

下限

従来      6.56% 基準x0.9   5.904%
6/7改正      6.31% 基準x0.8   5.048%
7/5追加 6.00% 基準x0.7 4.200%

預金金利

  基準金利

上限

従来      3.50% 基準x1.0   3.50%
6/7改正      3.25% 基準x1.1  3.575%
7/5追加

3.00%

基準x1.1  3.30%

ーーー

なお、欧州中央銀行(ECB)も7月5日、主要政策金利であるリファイナンス金利を1%からユーロ導入以来低水準となる0.75%に引き下げた。

欧州債務危機の深刻化に対し、利下げにより景気下支えを図る。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1882

コメントする

月別 アーカイブ