「世界の石油化学製品の今後の需給動向」

| コメント(0) | トラックバック(0)


経産省は4月30日、「世界の石油化学製品の今後の需給動向」(対象期間2004~2017年)を発表した。

 

主要製品の状況及びそのうちの日本と中国の状況は以下の通り。

エチレン系製品合計
ーーー
エチレン需給
ーーー
 付記
 
   中国についてはLDPEの生産が能力を上回るという状況になっている。
これについて、 当方からの質問に対しMETIは以下の通り述べている。

LDPEとHDPEのスイングプラントについて、生産能力の比率を1:1にしています。
仮に、あるプラントのLDPEとHDPEの生産実績が7:3だとしても、生産能力を1:1にしています。
生産能力は、各社の公式資料を基本にしています。
プラントの運転方法を改善する等で、生産実績が公称の生産能力を超える場合があるようですが、各社の公式資料を基本にしております。

ーーー
ーーー
ーーー
ーーー
ーーー
ーーー

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2180

コメントする

月別 アーカイブ