Apple、E-book 販売で反トラスト法違反

| コメント(0) | トラックバック(0)

AppleがE-book(電子書籍)の販売で出版社と共謀し価格をつり上げていたとして、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反で訴えていた裁判で、Southern District of New York 連邦地裁は7月10日、Appleが同法に違反したとの判断を下した。

連邦地裁のDenise Cote判事は、「Appleは違法行為の中心的な役割を果たしており、Appleの働きかけがなければ価格の引き上げは実現しなかっただろう」として、独占禁止法違反を認定する判決を言い渡した。

米国33州の法務長官が、より高い値段で電子書籍を購入した消費者の代わりに提起した賠償訴訟についても別途の審理が開かれる予定

司法省は2012年4月にAppleと下記の出版5社を訴えた。
Appleは電子書籍市場で当時90%のシェアを握っていたAmazonが安い価格を維持できないよう、出版5社と共謀した。

1) Hachette Book Group、HarperCollins Publishers、Simon & Schuster
2) Penguin Group (USA)
3) Macmillan(Holtzbrinck Publishers)

AmazonはベストセラーのE-bookを9.99ドルで販売していた。

これに対し、2010年にAppleがE-bookに参入した際に、5社と共謀し、5社が価格決定権を握る一方、Appleが販売価格の30%を手数料として受け取る契約を締結した。 ベストセラーの価格は12.99~14.99ドルに上がった。

Appleの参入の数日後に、Amazonは出版社が販売価格を決める"agency pricing"に変更した。

司法省は、こうした動きによって、Amazonが同様のビジネスモデルへの転換を強いられ、電子書籍市場全体の価格が上昇する構図になったと指摘し ていた。

出版5社(3グループ)はいずれも司法省と和解している。(しかし、従来のような$9.99のような安値は出ていないという。)
  参考 (1)グループの和解 http://www.justice.gov/atr/cases/f282100/282141.pdf

Appleは、「E-bookの価格を固定するために示し合わせた事実はなく、間違ったことはしていない。誤った訴えに対しては引き続き争うつもりだ」とコメントし、判決を不服として上訴する方針を示した。

裁判でApple側は、出版社は当時Amazonの9.99ドルの統一価格に不満を持っており、もしAppleが"agency pricing"を導入しなければ、出版社は高いハードカバーがもっと売れるまではE-bookの発売を遅らせる"window"と呼ばれる戦術を取っていただろうと主張したが、司法省側 は、実際にそれまでに"window"されたのは37冊しかなかったとして、その影響を少ないと反論した。

司法省はまた、Appleの契約には最恵国待遇の規定があり、もっと安い価格が出た場合にはAppleはその価格まで下げて売る権利を持つため、Amazonとしては"agency pricing"に切り替えざるを得なかったと主張した。

裁判長は故Steve Jobsの発言も証拠として取り上げた。

Walter Isaacson の"Steve Jobs"で、JobsはIsaacsonに対し、以下の通り述べている。(P. 503)

Amazon screwed it up.  It paid the wholesale price for some books, but started selling them below cost at $9.99.  The publishers hated that --- they thought it would trash their ability to sell hardcover books at $28.  So before Apple even got on the scene, some booksellers were starting to withhold books from Amazon.  So we told the publishers, "We'll go to the agency model, where you set the price, and we get our 30%, and yes, the customer pays a little more, but that's what you want anyway."  But we also asked for a guarantee that if anybody else is selling the books cheaper than we are, then we can sell them at the lower price too.  So they went to Amazon and said, "You're going to sign an agency contract or we're not going to give you the books."

Jobsは音楽の場合は音楽会社にAgency pricingを認めなかったが、E-bookの場合は採用した。Why ?
"We were not the first people in the book business."

 

付記

司法省と各州の規制当局は8月2日、本訴訟の是正策を提示した。
マンハッタン連邦地裁は是正策について8月9日に双方の主張を聞く。その後、損害賠償をめぐる裁判が始まる可能性がある。

是正策

1)   Apple に対し、上記5社との既存契約の打ち切りを求める。
人為的に価格をコントロールするような新契約の締結を禁止。
2)   iPhone や iPad のユーザーが2年間、Amazon Kindle や Barnes and Noble Nook からe-Bookを購入することができるようにする。
3)   電子書籍や映画、音楽、テレビ番組などのコンテンツを iPhone や iPad 向けに提供する会社との間で、価格上昇につながりかねない契約を結ぶことも禁止。
コンテンツ提供者側はアップルの競合向けの価格を引き下げた場合、アップルに対しても値下げを行うことが義務付けられる。
4)   社内の反トラスト法順守担当者をフルタイムで雇用、裁判所指定の外部監査を導入することで、未然に違法行為を発見できるようにする。


これに対しAppleは、「極めて厳格で懲罰的な」介入であり、必要以上に厳しく、消費者や競争の観点から悪影響をもたらすと反論した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2246

コメントする

月別 アーカイブ