INEOS、アクリロニトリル技術供与契約違反でシノペックに法的アクション

| コメント(0) | トラックバック(0)

INEOSは3月21日、同社の技術の根幹の一つであるアクリロニトリル技術について、Sinopec Ningbo Engineering Company (中石化寧波工程)が昔からの契約に違反し、INEOSの同意なしに一連のワールドスケールのアクリロニトリルプラントを建設したとして、Sinopec Ningbo Engineeringと建設したSinopec各子会社を北京高級法院(Beijing High Court)に訴えるとともに、 スウェーデンで調停を申請したと発表した。

Jim Ratcliffe会長は次のとおり述べている。

・INEOSはベストの技術を中国に持ち込みたいが、同時にそれは保護されねばならない。
・アクリロニトリル事業は重要な石化事業であり、INEOSの事業は世界一で、30億ドルを売り上げ、5000人を雇用している。
・中国で多くのコピープラントを作られれば、INEOSの事業は破綻する。
・INEOSの価値は技術にある。なにがあっても守らざるを得ない。

INEOSのアクリロニトリル技術は元はStandard Oil of Ohio (Sohio) の技術で、1987年に BPがSohioを買収した。
INEOSは2005年にこれを含むBPの石化子会社 Innovane を買収した。

Sinopecとの提携はBPが行ったもので、BP は1970年代初めから中国に進出しており、現在も石油化学では上海SECCO石油化工(Sinopec とのJV)と酢酸、PTA事業を継続している。
   2008/1/28 BP、中国事業を更に拡大

BPは1984年にSinopec Ningbo Engineering にアクリロニトリル技術を供与し、安徽省安慶に5万トン設備、黒竜江省大慶に5万トン設備、吉林に66千トン設備などをつくってきた。

しかし、最近になってSinopec各社はSinopec Ningbo Engineeringの技術でINEOSの了承なしで大規模プラントを順次建設している。

INEOSはこれを死活問題として訴えたもの。

これに対し、Sinopec側は、「Sinopec Ningbo Engineeringは50年の研究開発の後にコア技術を開発した。Sinopecはそれら技術に完全な知的財産権を有しており、INEOSが主張する技術侵害の根拠は無い」と反論している。

ーーー

なおINEOSは中国の石油化学の今後の長期的な発展を確信しており、中国各社と提携して事業を行っていきたいとしている。
同社は最近、自社技術を持ち込み、2つのJVを設立することで合意した。

1)天津渤海 とのアクリロニトリル

INEOSと天津渤海(Tianjin Bohai Chemical Industry Group)は2013年5月、50/50JVを設立して天津に年産26万トンのアクリロニトリルプラントを建設するとの覚書を締結した。

INEOSの最新プロセス・触媒を使用するもので、2016年待つの完成を見込んでいる。
需要の増加に応じ、将来増設することも検討している。

天津渤海はプロピレンやSM、ABSなどを製造しており、子会社の天津大沽はPVCを生産するとともにLGとのPVCのJVも持っている。

2007/8/23 天津大沽化工、天津でSM 500千トンプラント建設

丸紅が戦略的パートナーシップ契約を結んでいる。

2010/6/24 丸紅、天津渤海化工集団との戦略的パートナーシップ契約締結 
 

2)SinopecとのフェノールJV

INEOS とSinopec 揚子石化は2014年2月20日、南京市に50/50JVを設立する契約を締結した。

JV名は INEOS YPC Phenol (Nanjing) Companyで、Sinopecのキュメン技術とINEOSのフェノール技術を使用し、フェノール、アセトンを製造するもので、投資額は5億ドル、2016年末の完成を見込んでいる。

能力は中間製品のキュメンが55万トン、製品のフェノールが40万トン、アセトンが25万トン。

ベンゼン+プロピレン キュメン → フェノール+アセトン


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2480

コメントする

月別 アーカイブ