太陽光発電のSunEdison、三星グループとの関係を強化

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

原材料のシリコンから太陽光発電システム・ファイナンスをはじめとする発電事業に至るまで一貫したサービスを提供する SunEdison は、シリコンウエハー事業をSunEdison Semiconductorとして分離独立させることを決めたが、このたび、三星ファインケミカル及び三星電子との間で一連の契約を行い、この事業の強化を行った。

三星ファインケミカルとSunEdisonは韓国で太陽電池用ポリシリコンを生産するため、2011年 に折半出資でSMP(Samsung-MEMC Polysilicon)を設立している。

また、三星電子は韓国天安市に、SunEdison 80%、三星電子 20%出資のシリコンウエハー製造のJV、MEMC Korea Companyを持つ。
三星電子はシリコンウエハーの需要家である。

SunEdison は旧称MEMC Electronic Materials で、2013年5月30日に社名を変更した。

米国でシリコンを製造するため、Monsanto Chemical が1959年にMonsanto Electronic Materials Company (MEMC) を設立した。

1989年にドイツのVEBAの子会社 Huls がMonsanto から同社を買収、別途1987年に買収したイタリアのDynamit Nobel Silicon と合併させ、MEMC Electronic Materials, Inc とした。

1995年にNew York で上場、その後もHuls は72%の株を持っていたが、Huls の親会社 VEBA が VIAG と統合して E. On になり、E. On は2001年にTexas Pacific Group (現在名はTPG) に全持株を売却した。

Texas Pacific はその後、大部分を売却した。

MEMCは1991年に韓国で シリコンウエハー製造のため、三星電子、Pohang Iron & Steel (POSCO)とのJVのPosco Huls を設立した。
2000年に MEMC は
POSCO の持株を買収して80%の株主となり、社名をMEMC Korea Companyと改称した。

また、1994年には台湾で China Steel その他とのJV、Taisil Electronic Materials, Inc.を設立した。2005年には台湾初の300mm ウェーハをスタートさせた。(現在MEMC 100%)

1995年にはTexas Instruments とのJV、MEMC Southwest, Inc.を設立し、現在は100%子会社としている。

同社は半導体部門と太陽光発電部門を持つ。部門別売上高は下記の通り(百万ドル)

  2012 2011 2010
Semiconductor Materials 917.5 1,023.1 992.6
Solar Energy 1,612.4 1,692.4 1,246.6
Total Net Sales 2,529.9 2,715.5  2,239.2

SunEdison は2013年9月、シリコンウエハーを生産するセミコンダクター部門を分離、250百万ドルのIPOで SunEdison Semiconductorとして独立させることを決めた。

太陽光パネルの価格の下落で、SunPower Corp(Totalが66%保有)やFirst Solar Inc などは太陽光発電所(solar farms)事業に重点を移しているが、SunEdisonもその方向に向かっており、SunEdison SemiconductorのIPOによる収入をsolar farms の建設に充てる。


今回、三星ファインケミカル、三星電子との間で下記の契約を締結した。

・三星ファインケミカルはSunEdison Semiconductor のIPOに応じ、100百万ドルを出資する。

・SunEdison は三星ファインケミカルとのJVのSMPの三星の持株50%のうち35%を買い取り、自社持分と合わせ、SunEdison Semiconductorに現物出資する。

SMPはSunEdison Semiconductorが85%株主となり、SunEdison Semiconductorに新たに出資する三星が15%を保有する。

SMPは低コストの流動床リアクターベースのポリシリコン工場(年産1万トン)を三星ファインの蔚山工場内に建設中で、2014年下期に完成の予定。
当初は太陽光発電用ポリシリコンをSunEdison に供給、将来は半導体用グレードをSunEdison Semiconductorに供給する。

・合わせて、SunEdison は三星電子との間で、三星電子が持つMEMC Koreaの20%持分を購入する交渉を始めた。
  代償としてSunEdison Semiconductorの株を渡す。

・三星電子はSunEdison Semiconductorとの間で半導体用ウエハーの長期購入契約を締結した。
  これにより、今後3年間、三星電子との取引は毎年増加する。

これがまとまると、SunEdison Semiconductorは、原料のシリコンを製造する三星ファインケミカルと、製品のウエハーを購入する三星電子を株主とすることとなる。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2478

コメントする

月別 アーカイブ