Saudi AramcoとSABIC、Crude Oil-to-chemicals JVのMOU締結 

| コメント(0)

Saudi AramcoとSABICは11月26日、サウジ国内での原油から化学品までの統合コンプレックス(COTC Complez : Crude Oil To Chemicals complex ) 設立のMOUを締結したと発表した。

本件は2016年5月にSaudi Aramco のCEOが近くMOUを締結するとしていたもので、2016年6月にHeads of Agreement を締結し、FSを行ってきた。

今後、基本設計(Front End Engineering Design)を行い、その後で最終決定を行う。

日量40万バレルの原油を処理し、年産約 900万トンの化学品やベースオイルを生産するもので、2025年の生産開始を見込んでいる。

Yousef Al-Benyanとのインタビューを報じたが、本件について次の通り述べている。

SABICと Aramco は既に原油から化学製品を生産する投資額200億ドル以上のJV構想を明らかにしている。

原油やガソリン・ディーゼルの価格が石油化学品の価格よりも下がっているため、原油をガソリンにするより、原油から石油化学品を生産しようとするもので、Arabian Light やExtra Light 原油を原料とする。

日量40万バレルの原油蒸留設備や水素化などの原油処理設備とクラッカー、PE、PP、ブタジエンなどの設備を建設する。

この計画はCOTCと呼ばれる。(Crude Oil-to-Chemicals の意味)

立地としては、当初はYanbu かJubail か、Aramco/Dow JVのあるSadara かとしていたが、今回、この計画の立地が紅海沿岸のYanbuに決まった。
「これは戦略的な立地だ。アフリカや欧州へのポジションを強化できる。Jubail もまだ成長のオプションを持つが、設備を一か所に集中しない方がよい」と述べた。

2017/11/3

 

サウジ政府は2016年4月25日、ムハンマド皇太子が作成した 2030年までの経済改革計画「ビジョン2030」を国王主宰の閣議で承認した。石油依存型経済から脱却し、投資を増やし、経済を多角化し、サウジ人の雇用を増やそうというもの。本件は以下の点でそれに沿ったものとしている。
・石油化学製品の製造と統合し、原油生産からの価値を最大化する。
・半製品、最終製品に産業転換し、経済の多角化を行う。
・先端技術、イノベーションの開発。
・National Transformation Program に合わせ持続可能な発展を可能にする。

コメントする

月別 アーカイブ