ピロリ菌が胃炎を引き起こすメカニズム解明、新たな治療標的に

| コメント(0)

大阪大学微生物病研究所は9月29日、山崎晶教授(免疫学フロンティア研究センター兼務)らの研究グループが、Helicobacter pylori(いわゆるピロリ菌)が胃炎を引き起こすメカニズムを明らかにしたと発表した。

ピロリ菌は、世界人口の約50%に感染している病原体で、ピロリ菌が感染すると、胃炎、胃がんの発症リスクが高まることから、抗生物質による除菌が推奨されている。

しかし近年は、除菌による耐性菌の出現や、細菌叢バランスの破綻が問題となっており、併用や代替可能な新たな治療法が望まれている。

ピロリ菌が胃炎を発症する機構も不明であった。

研究グループは、ピロリ菌が宿主のコレステロールを取り込み、菌内で糖と脂質を付加することで α-コレステリルグルコシド(αCAG)や、構造が類似するα-コレステリルホスファチジルグルコシド(αCPG)といった炎症誘導化合物に変換することで胃炎を引き起こす、という一連の分子メカニズムを初めて明らかにした。

これにより、ピロリ菌を除去するのではなく、炎症を誘発しないようにして宿主の体内で共存させる治療コンセプトが生まれた。

Hp0421(コレステリルグルコシルトランスフェラーゼ)はピロリ菌と一部のヘリコバクター属のみに存在するユニークな糖転移酵素で、宿主から奪ったコレステロールにグルコースを付加することで、αCAGやαCPGを生合成する。

ピロリ菌特有の脂質αCAGが、宿主の免疫受容体Mincleに認識されて免疫系を活性化する。
また、αCPGも、Mincleと同じファミリーに属する免疫受容体DCARに認識され、同様に免疫系を活性化することが判明した。

ピロリ菌は、病原体を攻撃する免疫細胞の働きを高めるが、ピロリ菌自体はこの攻撃をかわすため、胃炎が起きてしまう。

Mincle欠損マウスにピロリ菌を感染させると、T細胞(CD3陽性)やマクロファージ(F4/80陽性)などの炎症性細胞浸潤が減少し、胃炎が抑制される
胃炎抑制効果は、野生型マウスに抗Mincle抗体を投与することでも観察されたことから、Mincleの阻害が治療に繋がることも示された。

αCAGとαCPGの両方を合成できないHp0421欠損ピロリ菌を感染させたマウスでは、胃炎が軽減された。

宿主側でこれらの受容体の働きをブロックすることや、ピロリ菌でこの糖脂質の生成に必要な酵素 Hp0421を阻害することが、新たな胃炎・胃がん発症を抑える治療標的として期待される。



筆者は今回、ピロリ菌による胃潰瘍で入院した。入院中に本件の発表を見つけた。

コメントする

月別 アーカイブ