SABIC、カーボンファイバーの技術導入;DowもJV設立の覚書

| コメント(0)

SABIC615日、イタリアのMontefibreとの間でカーボンファイバーの技術導入契約を締結したと発表した。

SABIC及び全世界の子会社で技術を使用できるが、まず、サウジに建設するカーボンファイバー工場に適用する。

両社はまた、Montefibreのスペインの既存のアクリル繊維製造工場に隣接して、新しくカーボンファイバー工場を建設するFSを実施する覚書も締結した。これによりサウジプラントの製品開発を早め、需要家に先行販売を行うもの。

サウジの計画は能力は年産3,000トンで、中東及び国際市場での販売を目指す。

SABIC2009年にSipchemとの間で新プロジェクトでの相互協力覚書を締結したが、その中に、この計画が含まれている。

その後、MMA関連については三菱レイヨンと、アクリロニトリルについては旭化成と契約を締結している。

SABICの計画:投資額 32億ドル

 MMA  250千トン  三菱レイヨンとJV Saudi Methacrylates Company 
 PMMA  30千トン
 アクリロニトリル  200千トン  旭化成とJV Saudi Japanese Acrylonitrile Company
 青酸ソーダ  40千トン
 ポリアクリロニトリル  50千トン  
 ポリアセタール  50千トン  
 カーボンファイバー  3千トン  

2009/5/11  サウジのSABICSipchem、新プロジェクトで相互協力の覚書

ーーー

Montefibre1972年にMontedison の繊維関連企業を統合して設立された。

その後、順次事業を分離し、現在はアクリル繊維のみを扱っている。

工場は2か所
①スペインの
100%子会社Montefibre Hispania 
  年産
95千トン
②中国の吉林市 
Jilin Qifeng Chemical Fiber (吉林奇峰化繊)との50/50JVのJilin Jimont Acrylic Fiber
  年産100千トン

ーーー

これとは別に、Dow Chemical 66日にトルコのアクリル繊維メーカーのAksa Akrilik Kimya Sanayiiとの間で、カーボンファイバーと誘導品を製造するJV設立の覚書を締結したと発表した。

Aksa のアクリル繊維の製造能力は年産308千トンで、1プラントでは世界最大。

Aksa1968年に設立され、トルコのYalova市に1971年に年産5千トンのアクリル繊維プラントを建設、1986に100千トンに、1997に200千トンに拡大、2007年に現在の能力に引き上げた。

カーボンファイバーの能力は年産1,500トンで、現在倍増中とされる。

付記 下記の通り修正

ーーー

PAN系炭素繊維では東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンの3社が海外の拠点を持ち、世界市場のほとんどを押さえている。

    現在の能力

東レ  17,900トン
東邦テナックス 13,500トン
三菱レイヨン 8,150トン
3社 計 39,550トン

2006/9/9 炭素繊維

なお、東レは2011年1月に、韓国で年産2,200トンの量産工場を建設し、2013年に稼働すると発表している。

これに対し、韓国の暁星は6月14日、韓国企業で初めて炭素繊維の開発に成功したと発表した。
2013年までに2500億ウォン(約186億円)を投じ、全羅北道全州市の親環境複合産業団地に年産2
,000トン規模の炭素繊維工場を建設する。
2020年までに総額1兆2000億ウォンを投じ、年産17,000トンを確保する計画という。


目次、項目別目次  

 http://www.knak.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。

原油、ナフサの価格情報は http://www.knak.jp/


コメントする

月別 アーカイブ