Solvay、中国にフッ素化学品プラント建設

| コメント(0)

Solvay623日、中国にPVDF(ポリフッ化ビニリデン)Solef(R)、フッ素ゴムTecnoflon(R)、およびそれらの基礎原料のフッ化ビニリデンモノマー VF2 の工場を建設すると発表した。
アジアでのこれら製品の需要の伸びに対応する。

Solef PVDF はリチウムイオン電池、水の浄化用膜、石油・ガス採取などに使用される。

フッ素ゴムTecnoflonは自動車, 航空・宇宙, 石油掘削等の事業で、高度な耐熱性や耐薬品性が求められるシーリング部材の原料として広く使用されている。

工場は江蘇省常熟市の江蘇省常熟新材料産業園(Jiangsu Changshu Advanced Materials Industrial Park)のSolvayの工場内に建設される。

同産業園には、新規材料産業やファインケミストリー、バイ オケミストリー、医薬ケミストリー産業を中心に、Arkema DuPontArkema、ダイキン、台湾の華新麗華、上海の三愛富など国内及び国外の企業が投資している。

Arkema 20109月に、同工場で2011年初めにポリフッ化ビニリデン(PVDF)の生産を開始すると発表している
   
2010/10/20 Arkema、中国でPVDF生産 

Solvay2008年から同地で四フッ化エチレンPTFEの微粉を生産している。
同社では次期計画として
PVDFとそのモノマーを挙げていた。

同社は201010月、同地に高機能コンパウンド工場の建設を発表した。
2012年末のスタートを目標に、Polyphthalamide (PPA)Polyarylamide (PARA)、および変性PARAのコンパウンドを生産する。
これらはバリア性と耐燃料性で優れており、燃料システムに適したプラスチックである。

ーーー

Solvayのフッ素化学品事業は子会社のSolvay Solexisで扱っている。

Solvay20027月にMontedisonからフッ素化学品製造子会社のAusimont を買収した。

この買収に際し、米国FTCは、米国には両社とDuPont3社しかないとして、本件買収は競争を実質的に制限するとみなし、米国の事業を180日以内に売却すること、PDVFに関する知財権をライスンスすることを条件とした。

このため、Solvayは米国子会社Solvay Fluoropolymers3M100%子会社のDyneon LLCに譲渡した。
Solvay FluoropolymersDyneon LLCPVDFモノマーの製造のための50/50JV Alventia LLCを持っていたが、この持分もDyneonに譲渡した。

SolvayはこのAusimontを自社のフッ素化学事業のSolvay Fluoropolymersと統合し、200711日にSolvay Solexisとした。
(社名の由来は
SOLvayEXcellence In Scienceを組み合わせたもの)

同社の扱い製品は以下の通り。

パーフルオロポリエーテル(PFPE
  フッ素オイル、フッ素化液、フッ素系表面処理剤および中間体、誘導品
フッ素ゴム:Tecnoflon
四フッ化エチレン樹脂(PTFE
パーフルオロアルコキシ樹脂(PFAMFA)、アモルファス樹脂(TFE/TTD)、
エチレン・クロロトリフルオロエチレン共重合体樹脂(
ECTFE
ポリビニリデンフルオライド樹脂(PVDF
フッ素系モノマー


目次、項目別目次  

 http://www.knak.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。

原油、ナフサの価格情報は http://www.knak.jp/


 

コメントする

月別 アーカイブ