2011年9月 中間決算

| コメント(0) | トラックバック(0)

総合化学5社と信越化学の中間決算及び通期予想は以下の通り。

業績の明暗を分けたのは液晶関連と円高。
 住友化学は液晶ディスプレー用偏光フィルムの価格下落が響いた。
 円高の影響は住友化学が年間で240億円程度、三菱ケミHDも140億円程度とされている。

ーーー

三菱ケミカルホールディングス

震災による鹿島地区の停止の影響が上期で146億円(通期で170億円)あり、これを除くと前期(前年)比の減益幅は縮まる。

単位:百万円(配当:円)
  売上高 営業損益  経常損益 当期損益    配当
中間 期末
10/9中間 1,564,658 111,393 106,388 43,976 5.0
11/9中間  1,570,197 95,686 92,885 37,504 5.0 ー 
増減 5,539 -15,707 -13,503 -6,472    
             
11/3 3,166,771 226,493 223,899 83,581 5.0 5.0
12/3 3,350,000 200,000 195,000 77,000 5.0 5.0

                                                         

営業損益推移(億円)

  10/3 11/3 12/3  増減   10/9 11/9 増減
ケミカルズ 69 530 410  -120   219 194 -25
ポリマーズ -225 550 470  -80   243 233 -10
エレクトロ -14 10 10  0   32 -12 -44
デザインド 133 365 360  -5   208 173 -35
ヘルスケア 710 851 770  -81   446 397 -49
その 62 45 60  15   6 16 10
全社 -73 -86 -80  6   -41 -45 -4
合計 663 2,265 2,000  -265   1,114 957 -157
震災影響     -170  -170     -146  
震災影響なし 663 2265 2,170  -95   1114 1,103 -11

グループ企業別の営業損益は以下の通り。(億円)

三菱レイヨンの貢献が大きい。

  10/9 11/9 増減
三菱化学グループ 446 295 -151
田辺三菱製薬グループ 402 361 -41
三菱樹脂グループ 91 88 -3
三菱レイヨングループ 142 229 87
調整 33 -16 -49
合計 1,114 957 -157

ーーー

住友化学

情報電子化学(液晶フィルムなど)の価格下落の影響が大きい。

経常損益の減少は持分法投資損益の減少が大きい。(10/9 75億円→11/9 10億円)
PetroRabighは長期の定修が終わり、現在はフル稼働。

特別損失に豪州の株式市況低落による豪州農薬会社Nufarmの株式評価損 289億円を含む。
(前年上期にも計上しているが、2011年3月末には株価が回復し、下期に取り消している。)

単位:百万円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
中間 期末
10/9中間 989,245 53,043 52,107 2,515 3.0  
11/9中間 998,281 54,035 48,993 -2,713 6.0  
増減 9,036 992 -3,114 -5,228 3.0  
             
11/3 1,982,435 87,957 84,091 24,434 3.0 6.0
12/3 2,020,000 75,000 72,000 10,000 6.0 6.0


営業損益推移(億円)

  10/3 11/3 12/3 増減   10/9 11/9 増減 内訳
net
価格差
数量差 コスト
基礎化学    206 170 -36   118 125 8 10 -22 20
石油化学   11 150 39   58 78 20 45 -35 10
情報電子化   261 130 -131   171 101 -71 -185 29 85
健康農業関連   233 290 57   144 148 4 -25 4 25
医薬品   287 200 -87   147 155 8   33 -25
その           9 35 26   26  
全社   -219 -190 29   -115 -101 14   4 10
 515 879 750  -129   530 540 10 -155 39 125

ーーー

三井化学

増収増益となった。フェノールなど基礎化学品が好調。ウレタンは赤字増。
当期損益の減益は、前期に退職給付引当金戻入額14,618百万円の益があったため。

単位:百万円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
中間 期末
10/9 672,823 17,357 14,604 17,126 3.0  
11/9 755,764 28,748 27,888 13,365 3.0  
増減 82,941 11,391  13,284 -3,761     
             
11/3 1,391,713 40,548 38,851 24,854 3.0 3.0
12/3 1,510,000 50,000 51,000 26,000 3.0 3.0

 

営業損益推移(億円)  

  10/3 11/3 12/3 増減   10/9 11/9 増減 内訳
net
価格差
数量差 コスト
石化  -34  128 130 2    62  65 4 24 -11 -10
基礎化学品 -48 204 240 36   65 183 118 92 25 1
ウレタン -21 -90 -120 -30   -43 -71 -28 -43 -10 25
機能樹脂 -44 72 105 33   45 47 2 -4 2 6
加工品 8 14 40 26   12 22 9 -2   10
機能化学品 74 100 120 20   45 55 10 -6 12 4
その 11 1   -1   1 -6 -7     -7
全社 -41 -25 -15 10   -13 -8 6     5
合計 -95 405 500   95    174  287  114 61 18 34

ーーー

旭化成

住宅が好調。

単位:百万円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
中間 期末
10/9 764,794 63,521 59,586 28,464 5.0  
11/9 802,168 63,768 62,136 38,214 7.0  
増減 37,374 247 2,550 9,750 2.0  
             
11/3 1,598,387 122,927 118,219 60,288 5.0 6.0
12/3 1,684,000 124,000 125,500 74,500 7.0 7.0

 

営業損益推移(億円)  

  10/3 11/3 12/3 増減   10/9 11/9 増減 内訳
売価差 うち
為替差
数量差 コスト
ケミカルズ  261  644 580 -64    373  341  -32 173 -91 2 -207
住宅 253 365 470 105   101 179 78     78  
医薬医療 40 70 85 15   42 56 14 -14 -3 36 -7
繊維 -28 42 35 -7   23 21 -2   -11 2 -3
エレクトロニクス 72 143 120 -23   107 70 -37 -109 -20 45 27
建材 12 21 25 4   11 8 -3 -2   -4 2
その 18 17 25 8   8 12 4     3 1
全社 -53 -72 -100 -28   -30 -50 -20       -20
合計 576 1,229 1,240    11   635 637 2 48 -125 162 -207

ーーー

東ソー

増収・増益。

  単位:百万円(配当:円)
 
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
中間 期末
10/9 322,135 10,056 7,119 2,437 3.0  
11/9 367,740 21,663 18,632 9,930 3.0  
増減 45,605 11,607 11,513 7,493    
             
11/3 684,398 33,531 29,821 10,014 3.0 3.0
12/3 730,000 41,000 36,000 17,000 3.0 3.0


営業損益推移(億円)
 

  10/3 11/3 12/3 増減   10/9 11/9 増減 内訳
数量差 交易条件 固定費他
石油化学 79 104 151    47    28 79 51 16 15 20
クロルアルカリ -143 -35 15 50   -56 1 57 19 -2 40
機能商品 148 203 171 -32   106 100 -6 24 -21 -8
エンジニアリング 20 36 46 10   10 22 11 12   -1
その 26 27 27 0   12 14 2 1   1
合計 130 335 410 75   101 216 115 72 -8 52

ーーー

信越化学

半導体デバイスメーカーの在庫調整等で減収となった。
当期損益の減は、前年に過年度法人税等戻し入れが10,698百万円あったため。

単位:百万円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
中間 期末
10/9 532,562 76,143 81,203 62,342 50.0  
11/9 521,368 80,411 84,330 51,040 50.0  
増減 -11,194 4,268 3,127 -11,302    
             
11/3 1,058,257 149,221 160,338 100,119 50.0 50.0
12/3 1,065,000 155,000 165,000 102,000 50.0 50.0


営業損益推移(億円)
  

  10/3 11/3 12/3 増減   10/9 11/9 増減
ビ・化成品 196 197       93 134 41
シリコーン 249 341       175 174 -1
機能性化学品 139 129       60 70 10
半導体シリコン 226 389       210 211 1
電子機能材料 307 361       180 187 7
その 68 73       42 27 -14
全社 -13 3       2 0 -1
合計 1,172 1,492 1,550 58   761 804 43

なお、Shintechの損益は前期比では増益(ドル建では90→130百万ドルと大幅増)だが、過去の実績からは大きく下回っている。

ーーー

各社の営業損益と当期損益対比

三菱ケミカルと住友化学の当期損益は、高収益の医薬子会社の少数株主持分控除が大きいため、営業損益、経常損益と比較し、大きく減少する。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1628

コメントする

月別 アーカイブ