中国、消費者物価伸び鈍化

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国国家統計局は11月9日、10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月に比べ5.5%上昇したと発表した。
伸び率は7月の6.5%をピークに3カ月連続で鈍り、5カ月ぶりに5%台に低下した。

一時は前月比50%を超える上昇を示していた豚肉は38.9%の伸びにとどまった。

  '11/5 6 7 8 9 10
CPI 5.5 6.4 6.5 6.2 6.1 5.5
うち食品 11.7 14.4 14.8 13.4 13.4 11.9
   (豚肉) (40.4) (57.1) (56.7) (45.5) (43.5) (38.9)
      非食品 2.9 3.0 2.9 3.0 2.9 2.7
             
PPI 6.8 7.1 7.5 7.3 6.5 5.0
 
 

他方、10月の工業生産や社会消費品小売総額は、前年同月比の増加率がいずれも9月を下回った。 

欧州債務危機や米経済の不振を背景に、中国の輸出の伸びの鈍化が鮮明になっている。

 

最大の輸出先である欧州の債務危機が広がりをみせるなか、景気の下振れ懸念は根強い。

温家宝首相は10月6日、「国内の物価水準は10月以降、明らかに下落している」と表明、インフレが終息に向かいつつあるとの認識を示し、マクロ経済政策を機動的に「微調整」する方針を表明した。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1636

コメントする

月別 アーカイブ