Dow、トルコでカーボンファイバー製造販売のJV設立

| コメント(0) | トラックバック(0)

Dowとトルコのアクリル繊維メーカーのAksa Akrilik Kimya Sanayiiは12月20日、カーボンファイバーと誘導品を製造販売するJVを設立する契約を締結した。

両社は6月にカーボンファイバーと誘導品を製造するJV設立の覚書を締結したと発表している。

2011/6/17 SABIC、カーボンファイバーの技術導入;DowもJV設立の覚書 

今回の発表では、出資は50/50で、投資額は(将来の第三者の出資も含め)5年間で10億米ドルに達する見込み。

JV はYalova市にあるAksaの既存のカーボンファイバープラントを拡張、大規模プラントを建設する。
Dowではカーボンファイバー複合材料の市場は世界で100億ドルだが、2022年までに400億ドルに達すると予想している。

能力は明らかにしていないが、Aksaの既存プラント能力は年産1,500トン、現在第2系列2,000トンを建設中で、2012年には合計3,500トンとなる。

Aksaでは将来の目標能力を15,000トンとしており、これをJVで達成しようとしている可能性がある。

なお、PAN系炭素繊維では東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンの3社が海外の拠点を持ち、世界市場のほとんどを押さえている。

    現在の能力

東レ  17,900トン 2013/1 21,100トン 
東邦テナックス 13,500トン    
三菱レイヨン 8,150トン    
3社 計 39,550トン    


2006/9/9
炭素繊維 

昨日の「回顧と展望」に記載の通り、日本の3社は長年にわたる技術の積み重ねと、日米欧に製造拠点を持つ供給体制で、サプライチェーンの中での「主導権の確保」を行っており、DowやSABICが頑張っても、追い付くのには時間がかかるであろう。

ーーー

Aksa は、化学、エネルギー、不動産、繊維の各部門で活躍するAKKÖK Group の一員で、アクリル繊維(カーボンファイバー原料)の製造能力は年産308千トンで、1プラントでは世界最大。世界市場で14.2%以上のシェアを持っている。

同社
1968年に設立され、Yalova市に1971年に年産5千トンのアクリル繊維プラントを建設、1986に100千トンに、1997に200千トンに拡大、2007年に現在の能力に引き上げた。

売上高は2010年が850百万ドルで、2011年には900百万ドルを超える見込み。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1679

コメントする

月別 アーカイブ