Saudi AramcoとSinopec、サウジでの製油所建設の合弁契約締結

| コメント(0) | トラックバック(0)

Saudi AramcoとSinopecは、温家宝首相のサウジ訪問中の1月14日、サウジのYanbuでの製油所建設の合弁契約に調印した。

2010年7月にAramco 100%で設立し、建設を開始しているRed Sea Refining CompanyにSinopecが参加する形で、Yanbu Aramco Sinopec Refining Co.(YASREF)と改称し、Saudi Aramco62.5% Sinopec 37.5%を出資する。

日量400千バレルのArabian Heavy 原油を処理し、日量90千バレルのガソリン、同263千バレルの超低サルファディーゼル、同6300トンの石油コークス、同1200トンの硫黄などを生産する。2014年下半期に生産を開始する。

投資額は85~100億ドルで、ファイナンスについてはまだ決まっていない。

両社は2011年3月に覚書を締結、中国のNDRCは8月にこれを承認している。

2011/3/25  Saudi Aramco Sinopec、サウジで製油所建設

なお、本製油所は当初、Saudi Aramco ConocoPhillipsの合弁で計画されていた。

 2008年11月に金融危機の影響でAramcoの他の計画と同様に、本計画も延期された。

2008/12/10 サウジアラムコ、石油開発計画を延期

 2010年4月にConocoPhillipsが川下分野削減という戦略変更に基づき、本計画から撤退した。

Sinopecにとっては、海外で製油所を建設する初めてのケースで、Saudi AramcoとSinopecとの4つ目のJVとなる。

Fujian Refining & Petrochemical (福建聯合石油化工)
  Aramco 25%、Exxon 25%、中国側50%(Sinopec 50 / 福建省政府50)
Sinopec SenMei (Fujian) Petroleum (中石化森美(福建)石油)
  
Aramco 22.5%、Exxon 22.5%、Sinopec 55%

Sino-Saudi Gas (サウジRub' al-Khali Basinでのガス開発)
   
Sinopec 80%Aramco 20% 

付記
Sino-Saudi Gasは何年間も天然ガスの探索をしているが、発見したものも、工業ガス価格が安いため、開発していない。

しかし、本年下半期に第二フェースの採掘を始める。

記者会見で、両社とExxonMobilとの中国の合弁会社で第二の製油所(240~300千バレル)の建設を協議していることが明らかにされた。
福建省のJVの能力増(製油所のデボトルネッキング、エチレン能力の80万トンから120万トンへの増強)も検討している。

ーーー

これと同時にSABICとSinopecの間の新規事業開発に関する協力覚書も締結された。温家宝首相も式典に参加した。

この中にはすでに合意している天津でのポリカーボネート生産JVも含まれている。

2011/5/26 SABICSinopec、天津でポリカーボネート生産

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1709

コメントする

月別 アーカイブ