米格付け会社S&P、フランスなどユーロ圏 9カ国を一斉格下げ

| コメント(0) | トラックバック(0)

米格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は1月13日、最上位である「トリプルA」のフランス、オーストリアを含むユーロ圏9カ国の国債格付けを引き下げたと発表した。

同社は昨年12月5日にギリシャとキプロスを除く15カ国を新たに格下げ方向で見直すと発表していた。

フランス、オーストリア   AAA AA+    1段階
イタリア   A BBB+   2段階
スペイン   AA- A   2段階
ポルトガル   BBB- BB   2段階 「投機的」格付けに
キプロス   BBB BB+   2段階 「投機的」格付けに
スロベニア   AA- A+   1段階
スロバキア   A+   A   1段階
マルタ   A A-   1段階


フランスは「債務の大きさと硬直的な労働市場」、オーストリアは「イタリアやハンガリー関連の取引で銀行が損失を被り、政府の支援が必要になる」ことを理由とした。

ドイツ、オランダ、フィンランド、ルクセンブルクはトリプルAを維持した。

但し、ドイツ以外の3国は「ネガティブ(弱含み)」で、2年以内で1/3の確率で格下げの可能性がある。

なお、Moody'sも昨年12月12日、2012年3月までにEU加盟国の国債の格付けを引き下げる可能性があると発表している。

ーーー

S&PとMoody'sの各国の格付けは以下の通り。

青字2011年に格下げがあったもの
赤字は2012年に格下
げがあったもの
 ( ↓) ( ↓)以前の格付け(日付は格下げ日) 
 

S&P Moody's
ユーロ ユーロ圏外 ユーロ ユーロ圏外
AAA ドイツ
(フランス
↓1/13)
(オーストリア
↓1/13)
オランダ

フィンランド
ルクセンブルグ
英国
カナダ
(米国
8/5)
Aaa ドイツ
フランス

オーストリア
オランダ

フィンランド
ルクセンブルグ
英国
カナダ

米国
AA+ フランス
オーストリア

(ベルギー
11/25)
米国 Aa1 (ベルギー12/16)
AA ベルギー (日本1/27) Aa2   (日本8/24)
AA- (スペイン↓1/13)
エストニア
(スロベニア
↓1/13)
日本
中国
Aa3 ベルギー
(スロベニア
12/22)
日本
中国
A+ (スロバキア↓1/13)
スロベニア
(中国'10/12/16) A1 スペイン
エストニア
スロバキア
スロベニア
韓 国
(中国'10/11/11)
A スペイン
スロバキア
(イタリア↓1/13)
(マルタ
↓1/13)
韓国 A2 イタリア
マルタ
A- マルタ   A3 (ギリシャ'10/6/14)  
BBB+ イタリア
アイルランド

(ギリシャ'10/4/27)
(キプロス
7/29)
Baa1 (キプロス11/4)
BBB (キプロス↓1/13)   Baa2    
BBB- (ポルトガル↓1/13) (ハンガリー12/21) Baa3 キプロス (ハンガリー11/24)
 投資適格     投機的格付
BB+ キプロス
(ギリシャ3/29)
ハンガリー Ba1 アイルランド
(ギリシャ3/7)
ハンガリー
BB ポルトガル Ba2 ポルトガル
BB- (ギリシャ5/9)   Ba3    
B+ B1 (ギリシャ6/1)
B (ギリシャ6/13)   B2    
B- B3
CCC+     Caa1 (ギリシャ7/25)  
CCC (ギリシャ7/27) Caa2
CCC-     Caa3    
CC ギリシャ Ca ギリシャ

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1707

コメントする

月別 アーカイブ