韓国政府、IT分野の中核技術を選定

| コメント(0) | トラックバック(0)

韓国知識経済部は4月4日、洪錫禹長官主宰のIT政策諮問団会議を開き、集中投資を行う10大IT中核技術を選定した。

IT産業の発展を通じ、社会や経済などあらゆる分野をスマート化するビジョン
"Smartopia Korea"を掲げるとともに、
 ・主力IT産業の競争力向上
 ・ソフトウエア素材産業の競争力強化
 ・未来新産業の育成
の3大政策目標を掲げた。

また、集中投資を行う10大IT中核技術を以下の通り決めた。
 ・次世代デバイス中核技術
 ・IT中核素材
 ・ビッグデータおよび人工知能
 ・ハイブリッドストレージ
 ・有無線統合ネットワーク
 ・テラヘルツおよび量子情報通信
 ・無人化プラットホーム
 ・バイオセンサー
 ・ライフケアロボット
 ・電力半導体

韓国政府は、今後5年間で1兆2400億ウォン(約900億円)を10大技術分野に投じ、2020年に同分野で売上高49兆8000億ウォン、輸出197億ドルの達成を目指している。

知識経済部は、1人当たり国民所得4万ドル達成に向け、ソフトウエアの競争力確保に注力する方針で、洪長官は「IT産業を、現在のハードウエア中心からソフトウエア中心に転換してこそ、貿易規模2兆ドル時代を開くことができる」と強調している。


 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1793

コメントする

月別 アーカイブ