2012/3月期決算-信越化学

| コメント(0) | トラックバック(0)

信越化学の2012年3月期の連結決算は、前期比若干の減収で、損益はほぼ前期と同じであった。

同社の営業損益はこれまで増益を続け、2008年3月期には過去最高の2,871億円となったが、一転減益に転じ、2010年3月期には1,172億円となった。
2011年3月期から再度増益となったが、レベルは最高時の半分強に止まっている。

単位:億円 (配当:円)

  売上高 営業損益 経常損益 当期損益

 配当

中間 期末
2008/3 13,764 2,871 3,000 1,836 40 50
2011/3 10,583 1,492 1,603 1,001 50 50
2012/3 10,477 1,496 1,652 1,006 50 50
前年比 -105 4 49 5    
(2008/3比) (-3,286) (-1,375) (-1,348) (-829)    
2013/3予

未定

報告セグメントが変わったため、以前との厳密な比較は難しいが、下記のシンテック及び信越半導体グループの実績が示すように、塩ビと半導体シリコンの損益が以前の水準に戻っていない。

営業損益対比(億円)
  2008/3 2010/3
塩ビ系 315 174
シリコーン系 431 268
その他有機・無機 249 169
電子材料 1,621 395
機能材料ほか 260 180
全社 -4 -14
合計   2,871   1,172
 
  2010/3 2011/3 2012/3 増減
塩ビ・化成品 196 197 237 40
シリコーン 249 341 337 -4
機能性化学品 139 129 147 18
半導体シリコン 226 389 343 -46
電子・機能材料 307 361 382 21
その他・全社 55 76 51 -25
合計   1,172   1,492 1,496   4

Shintechと信越半導体グループの状況は下記の通り。

  米国の塩ビ子会社 Shintech

2010年後半にPlaquemineの第2期が稼働し、PVC能力は264万トン、VCMも80万トンとなった。
更に、VCM 80万トンの増設を行っている。2011年完成予定となっていたが、状況不明。

立地 PVC VCM カ性ソーダ  
現状 計画 現状 計画 現状 計画
Texas州 Freeport  1,450     -     -   VCMは 隣接のDowから購入
        (825)   (550) 2007/5発表 DowのVCM代替
(今回計画に変更?)
Louisiana州 Convent   (500)   (500)    (275) 反対運動で中止
Addis   590     -     -   VCMは 隣接のDowから購入
PlaquemineⅠ   600     800     530   2期完成後(2010年後半)の能力
PlaquemineⅡ       800   530 2011年完成予定
Addis  (270)     -     -   Bordenから購入、廃棄
合計  2,640    800 800   530 530  


PVC増設により売上高(ドル建て)は2008年に比して大きく増大しているが、経常損益は下回ったままである。

理由(推定)については 2010/5/3 注目企業の決算-1(信越化学) 参照。

米国各社の損益は下記の通り。

* 過去の損益を一部修正した。
過去に含めたPolyone(GeonとM.A.Hannaが合併)はOxyVinyls持分をOccidental に売却し、PVCレジンから撤退。   

  信越半導体グループ(信越半導体・SEHアメリカ・SEHマレーシア・SEHヨーロッパ・SEH台湾)

 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1823

コメントする

月別 アーカイブ