中南米4カ国の太平洋同盟発足

| コメント(0) | トラックバック(0)

中南米の太平洋岸にあるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリの各大統領は6月6日、チリ北部パラナル天文台で首脳会合を行い、経済統合を目指す「太平洋同盟」設立の合意文書に署名、同盟が発足した。

オブザーバーのパナマとコスタリカも上記諸国との二国間FTAが終了した段階で正式に加盟する。

太平洋同盟4カ国の人口は計約2億人で、GDPは計約1.7兆ドル、親米色が比較的強い。

2011年4月にペルーの当時のガルシア大統領が、メキシコ、コロンビア、チリ及びパナマに呼びかけ、首脳会合を行い、「太平洋同盟」の設立に合意した。
この時の「リマ宣言」では、加盟国間の財、サービス、資本、人の流れを一層自由化するとともに、アジア太平洋地域との政治経済関係の強化を謳い、「深く統合された地域を形成する」とし た。

南米には既に関税同盟のMERCOSUR共同市場形成を目指すアンデス共同体がある。

  太平洋同盟 メルコスル アンデス
共同体
TPP
メキシコ   Observer  
コロンビア 準加盟  
ペルー 準加盟 交渉中
チリ 準加盟 Observer
パナマ Observer   Observer  
コスタリカ Observer      
アルゼンチン   準加盟  
ブラジル   準加盟  
パラグアイ   準加盟  
ウルグアイ   準加盟  
ベネズエラ   脱退  
ボリビア   準加盟  
エクアドル   準加盟  
 

 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1874

コメントする

月別 アーカイブ