Sunoco、Philadelphia 製油所の停止を取りやめ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Carlyle Groupは2012年7月2日、Sunocoとの間で合弁会社 Philadelphia Energy Solutionsを設立することで合意したと発表した。

8月に停止予定であったSunocoのPhiladelphia Refinery をJVに移し、稼働を続ける。

CarlyleはJVのマジョリティを持ち、運営責任に当たる。
Sunocoは現物出資でマイノリティシェアを得るが、経営には参加しない。

同製油所は東海岸で連続稼働する最古の製油所で、能力は日量330千バレル。

Carlyleでは、米北東部でのエネルギーのハブとして重要であるとともに、 Marcellus Shaleの天然ガスに関し、新しいビジネスチャンスがあるとしている。

ーーー

Sunocoは2011年8月16日、オハイオ州HaverhillのFrankford のフェノール工場を売却すると発表、これにより、同社の石油化学は消滅した。

2011/8/25 Sunoco、石油化学の売却を完了 

Sunocoは2011年9月6日、Refinery事業からも撤退し、Marcus HookとPhiladelphiaの製油所の売却手続きを開始したと発表した。
事業の収益性悪化によるもので、収益性の高いRetail とlogisticsに経営資源を集中させたいとしている。

同社のBusiness Unit は以下の通り。
  Refining & Supply 撤退検討
  Chemicals    撤退完了
  Coke      スピンオフ(SunCoke Energy)
  Retail Marketing
  Logistics
  

製油所のうち、Pennsylvania州のMarcus Hook refineryは2011年12月に停止した。

しかし、現在のところ、製油所としての買い手は見つかっていない。
このため、Marcellus Shale の副産品を含む燃料の貯蔵、加工などの多目的プラントとして使用するとの見方がある。

 

付記
ブラジルのBraskemの米子会社Braskem America は7月11日、Marcus Hook製油所のプロピレン スプリッターを取得することを明らかにした。隣接のポリプロ工場にプロピレンを供給する。

ペンシルバニア州は、同社が少なくとも56百万ドルを投資し、雇用を維持・増加することを条件に、15百万ドルを供与する。

ーーー

東海岸ではConocoPhillips も2011年9月に、フィラデルフィア近郊のTrainer製油所を直ちに生産を停止し、6か月以内に売却できない場合は永久に停止すると発表した。

2012年4月30日、Delta Air LinesはPhillips 66との間でTrainer refinery complex を買収する契約を締結したと発表した。

2012/5/10 Delta Air Lines、製油所を買収 




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1880

コメントする

月別 アーカイブ