Dow も更なる事業売却を検討

| コメント(0) | トラックバック(0)

Dow Chemical は7月25日、第2四半期の実績を発表した。

前年比減収だが、EBITDA (金利・税・償却前利益)は特にPerformance Plasticsが貢献し、前年比で1.7倍の増益となった。


Dow Chemical も収益の拡大のため、事業構造を分析し、低成長事業を処分し、高成長事業を拡大している。

本年3月には、昨年12月の投資家フォーラムで説明したポートフォリオマネジメントの推進案(今後 24か月で非中核事業資産を10億ドル売却)を更に推し進め、1年半で15億ドル以上の資産を売却すると発表 した。

売りに出す事業は、
 PP Licensing and Catalysts 部門
 Plastics Additives 部門を挙げた。
今回、
Agriculture Sciencesのなかの殺菌剤事業も売りに出していることを明らかにした。

2013/3/19  Dow Chemical、非中核事業の資産売却を促進 

同社は第2四半期決算の説明会で、各事業の分析をしているが、判断材料としては、①市場の成長性と②EBITDA率 を見ている。

有望なのは以下の3事業。

Performance Plastics 年間売上高 144億ドル

包装などの市場は1000億ドル以上
新興国での消費増大で今後の伸びが大きい
原料からのValue chainの収益性

Agricultural Sciences 年間売上高68億ドル

グローバルでの人口増
耕地と水の減少で農業科学品の需要増

Electronic & Functional Materials  年間売上高 45億ドル

需要はますます増大
Dowは主要なセクターで1位か2位を占める。
 

残りの2事業、Coatings & Infrastructure Solutions と Performance Materials については3つのグループに分かれる。

これについて、Andrew Liveris CEOは以下のように述べた。

Water & Process Solution やSpecialty Chemicals は既に高収益で、かつ伸びつつある。

Acrylics/Dow Coatings business やPolyurethanes franchise は業績はまだ期待以下だが、改善の兆しが見られる。
サウジのSadara計画やプロパン脱水素計画、グローバルな建築市場、コーティング市場の
の伸びの恩恵も受ける。

これに対し、エポキシ、欧州の建築資材(Building & Construction)、コモディティの塩素誘導品(クロロフォルム、メチルクロライドほか)などは期待以下であり、JVや売却などを含むあらゆる可能性を検討する必要がある。

さきに売りに出した事業(PP Licensing and Catalysts 部門、Plastics Additives 部門、殺菌剤事業 )の売上高は年間15億ドルで、今回、売却またはJV化候補として名指しされた3事業の売上高は60億ドルに達する。

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2261

コメントする

月別 アーカイブ