中国、レアアース輸出枠を昨年並みに

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国商務省は7月1日、2013年下期のレアアース輸出枠を15,500トンにすると発表した。

2012年は下期に枠を大幅に減し、本年上期も前年同期比5千トン以上減らしたが、下期は上期と同量とした。

この結果、通年で31,001トンとなり、2012年の輸出枠30,996トンと同水準となる。

 
      2009 2010 2011 2012 2013
輸出枠 上期 軽希土       18,585トン 13,563トン
中重希土 2,641トン 1,938トン
合計 21,728トン 22,282トン 14,446トン 21,226トン 15,501トン
下期 軽希土       8,537トン 13,821トン
中重希土 1,233トン  1,679トン
合計 28,417トン 7,976トン 15,738トン 9,770トン 15,500トン
年間 軽希土       27,122トン 27,384トン
中重希土 3,874トン 3,617トン
合計  50,145トン  30,258トン  30,184トン  30,996トン  31,001トン
輸出実績   39,813トン 18,600トン 16,265トン  



レアアースの輸出実績は以下の通りで2003年をピークに減少しているが、2009年から急減している。


          http://www.fas.org/sgp/crs/row/R42510.pdf

2009年に全国人民代表大会(全人代)に「レアアース生産・輸出の厳格な規制を求める建議」が提出された。

中国のレアアース生産量は2005年に世界の96%を占め、輸出量で世界一となったが、乱開発されており、無秩序な開発で採掘現場での回収率も低効率の状態にある。乱開発がこのまま続けば、20~30年で中国のレアアースは枯渇するとする。

2009/4/22 中国がレアアースの輸出を制限? 

これを受け、2010年の輸出枠は前年比40%減となった。

更に、2010年9月の尖閣諸島での中国漁船衝突事件を受け、中国政府はレアアースの日本への輸出を事実上止めた。
2011年の輸出実績は輸出枠を大きく下回った。

この結果、輸出価格は急騰したが、日本企業はレアアースの使用を減らす技術の開発を強化した。さらに各国がレアアース採掘を始めたことで調達先が多様化した。

2012年の輸出枠 30,996トンに対し、実際の輸出量は16,265トンにとどまった。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2234

コメントする

月別 アーカイブ