原発 再稼働申請

| コメント(0) | トラックバック(0)

原発の新しい規制基準が7月8日施行された。

 2013/6/21  原子力規制委員会、原発新基準を決定

初日は、北海道、関西、四国、九州の電力会社4社が、5原発10基について再稼働に向けた安全審査を国に申請した。

北海道電力の泊①②③、関西電力の大飯③④、高浜③④、四国電力の伊方③、九州電力の川内①②の10基である。

これに遅れ7月12日に、九州電力は玄海③④について申請した。これで合計12基となる。

このうち、高浜③④、伊方③、玄海③はプルサーマルを前提にしている。

東京電力は柏崎刈羽⑥⑦の申請を決めたが、新潟県知事の反対を受け、取りやめた。

申請した12基のうち、大飯③④について、規制委は敷地内の断層(破砕帯)が活断層かどうかの調査が完了していないことを理由に、「実質的な審査に入れない」としている。

ーーー

7月8日の毎日新聞は、「国内の原発を(1)運転期間(2)原発の型(3)原子力規制委員会が活断層リスクを検討しているか否か−−の三つの基準で分類すると、8日に申請した原発の特徴が一目で分かる」としている。

これをもとに整理すると、以下の通りとなる。

(1)運転期間については、原発の運転期間は原則40年とし、1回に限り20年を上限に延長できるが、規制基準に加え、機器の検査対象を拡大した「特別点検」を実施しなければならないとなっている。
今回申請したのは比較的新しいものである。

(2)原発の型では、加圧水型はフィルタ付ベントの設置が猶予されており、沸騰水型より有利である。今回の申請は全て加圧水型となっている。

申請を予定していた柏崎刈羽⑥⑦は沸騰水型で、フィルタ付ベントの設置が必須である。

東電では年度内にも完成可能としているが、安全協定書では「原子力発電施設及びこれと関連する施設等の新増設をしようとするとき又は変更をしようとするときは、事前に新潟県及び柏崎市及び刈羽村の了解を得るものとする」となっており、 この了解が得られておらず、工事に入れない。

(3)の活断層リスクについては、関電の4基以外は問題がない。

関電の大飯については、非常用取水路を横切る断層で意見が分かれており、規制委はこれがはっきりするまでは、「実質的な審査に入れない」としている。

高浜についても調査の必要性を検討中で、データ収集が必要とされている。

この結果、泊、伊方、川内、玄海が有利となる。玄海は申請が数日遅れたのがどう響くか。

なお、加圧水型で、かつ活断層リスクがないが、今回の申請に入っていないのは伊方①②と玄海①②の4基だが、これらは電源ケーブルの不燃化などが未完成のため。
古いことが共通。

付記 7月16日の安全審査初会合で下記を決めた。

審査体制は以下の通り。青字は優先審査。 各チームは約20人

Aチーム:伊方③玄海③④、大飯③④ (大飯は活断層の結論待ち)
Bチーム:川内①②、泊①② (北海道電力、泊③優先審査を要請)
Cチーム:泊③、高浜③④ (規制委、高浜について活断層データ拡充を要求)

地震・津波チーム:全原子炉を担当

なお、規制委員会は原電敦賀②について活断層リスクを認定したが、原電は「活断層ではない」とする追加調査の結果を7月11日に提出し、改めて審議するよう求めた。40年を経過している1号機と合わせ申請準備をするとしている。
 

設置時期 沸騰水型(BWR)
(フィルタ付ベント要)
加圧水型(PWR)
(フィルタ付ベント猶予)
PT:プルサーマル
活断層OK 活断層調査 活断層OK 活断層調査
35年未満 2009     泊③   泊①②は2014/3まで停止
(泊③の緊急対策所として使用)
2006   志賀②      
2005   東通①
浜岡⑤
     
2002 女川③        
1997   柏崎刈羽⑦ 玄海④   東電が柏崎刈羽⑥⑦の申請を
決めるが、知事の反対で延期
1996   柏崎刈羽⑥    
1995 女川②        
1994   柏崎刈羽④ 玄海③PT
伊方③PT
   
1993   浜岡④
柏崎刈羽③
志賀①
  大飯④ (大飯)
非常用取水路を横切る断層で
意見分かれる。
→ 審査後回し
1991     泊② 大飯③
1990   柏崎刈羽②
柏崎刈羽⑤
     
1989 島根②   泊①    
           
1987 福島第二④ 浜岡③   原電敦賀② (敦賀)
活断層リスク認定
 
1985 福島第二③ 柏崎刈羽① 川内② 高浜④PT
高浜③PT
(高浜)
データ収集必要
1984 女川①
福島第二②
  川内①    
1982 福島第二①   伊方②    
1981     玄海②    
1979 福島第一⑥     大飯②
大飯①
 
35年以上 1978 原電東海②
福島第一⑤
       
1977     伊方①    
1976       美浜③  
1975     玄海① 高浜②  
1974 島根①     高浜①  
40年以上 1972       美浜②  
1970   原電敦賀①   美浜①  


各原発の詳細については 別紙参照。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2247

コメントする

月別 アーカイブ