中国のCNPC、ペトロブラスのペルー子会社を26億ドルで買収

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
中国石油天然気集団(CNPC)は、中南米への進出を図る方策の一環として、ペルーの石油・ガス資産を26億米ドルで取得する。

CNPCと子会社のPetroChinaはこのたび、ブラジル国営のPetroBras からペルー子会社 Petrobras Energia Peru S.A.の全株式を買収することに合意した。

PetroBrasはブラジル沖で発見された鉱区の開発のため、海外資産の売却を図っており、中南米進出を加速するCNPCとの間で交渉がまとまったもの。
売買にはブラジルとペルーの両政府の承認が必要となる。

Petrobras Energia Peru
は次の3つの鉱区を持つ。

 Lot X   1912年発見で、昨年原油換算16千バレルを生産
 Lot 58   最近、天然ガスが発見された。
採掘可能量は
天然ガスが 56.6 trillion m3、コンデンセートが 113.7 百万バレル。
 Lot 57   天然ガス・コンデンセート田で、まだ操業していない。
46.16%の権益で、スペイン Repsolが残り 53.84%を保有。


増え続ける中国内のエネルギー需要を支えるため、CNPCは中南米進出を加速している。

10月21日に初めて実施されたブラジルの南東部沖合にある大規模な海底油田「Pre-Salt」の開発権を巡る入札で、CNPCと中国海洋石油(CNOOC)が参加するコンソーシアムが落札した。


PetroBras   40%
Total   20%
Shell   20%
中国石油天然気集団(CNPC)   10%
中国海洋石油(CNOOC)   10%


2013/10/25  ブラジル海底油田「
Pre-Salt」開発始動

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2363

コメントする

月別 アーカイブ