カネカ、マレーシアでカネカロン製造

| コメント(0) | トラックバック(0)

カネカは2月10日、マレーシアのパハン州ゲベン工業団地にある100%子会社 Kaneka (Malaysia) Sdn. Bhd 敷地内にアクリル系繊維(カネカロン®)の製造設備を新設すると発表した。
建設費は約90億円で、能力は年産12千トン、2015年10月の稼動を予定している。

カネカロンはカネカ(当時は鐘淵化学工業)が1957年に事業化した国産技術による合成繊維の代表的素材で、アクリロニトリル 50%と塩化ビニルモノマー(VCM) 50%を共重合し、溶剤で溶かして紡糸する。

カネカは高砂工業所に年産61千トンの工場を持っており、合計能力は73千トンとなる。

製品は全量、黒人の女性の間で必需品として使用される頭髪用の付け毛(エクステンション)用にアフリカ向けに販売する。

サブサハラ(サハラ砂漠より南の地域)は
今後も着実な人口増加が見込まれ、2040年には中国、インドを抜いて世界一の人口を擁する地域になると推定され
ており、旺盛な需要の増加が見込まれる。

エコファーを中心としたパイル分野及び防護服やインテリア商品に使われる難燃分野などについては引き続き日本からの供給を拡大していく。

カネカはマレーシアに多くの工場を持ち、経営リソースが集約されていることに加えて、原料を安定的に調達できるメリットがあり、さらに、世界的なハブ港であるシンガポールに隣接していてアフリカへの輸出も容易であるなど利点が多いことから、同国を新工場の建設地に選んだ。

なお、カネカは国連WFP(World Food Programme)の『飢餓と貧困を撲滅する』という使命に賛同し、その活動を支援するため、WFPコーポレートプログラムへ参加している。
アフリカでの売り上げの一部を国連WFPに寄付し、学校給食プログラムを通じてアフリカの女性と子供たちをサポートする。

ーーー

鐘淵化学工業は1949年に鐘紡の非繊維部門が独立して出来たが、鐘紡のVCM、PVC試験設備を引き継ぎ、1950年に大阪でVCM、PVCの生産を開始した。

このVCMの利用のため、1957年にカネカロンを事業化した。VCMが50%のため、アクリルが主体であるアクリル繊維とは区別され、モダアクリル繊維と呼ばれる。

重合速度が大きく異なるVCMとアクリロニトリルモノマーの共重合のため、技術的にも生産的にも難しく、繊維としての品質的にも、紡績性が悪いこと、染色性に劣っていること、耐熱温度が低いことなどの劣性がある。

カネカはVCMの新しい用途の一つとしてこれを開発したが、明確な用途を想定して事業化したのでなかったため、最初からつまずいた。

その後、カネカロンを含むアクリル繊維は一時、ウィッグのブームで巨大な利益を得たが、ブームの終焉で価格が急落、各社は撤退した。
しかし、カネカは撤退がVCMの大幅減産につながるため、撤退せず、再建する道を選んだ。

カネカは顧客のニーズを把握して、ウイッグに加え、頭髪用の付け毛用を開発した。

現在、頭髪装飾用では、他の製品も開発している。

カネカロン Kanekalon
塩ビ繊維 Advantage
難燃ポリエステル繊維 Futura
コラーゲン蛋白繊維 ULTIMA

マレーシアの100%出資子会社のKaneka Innovative Fibersでは頭髪装飾製品用難燃ポリエステル繊維を生産している。
これは主として米国市場で高い評価を受けている。

人毛・獣毛のようなタッチを利用しエコファー(fake fur) を中心としたパイル分野や、燃えにくい特性(火源がなくなると自己消火)を生かしたカーテン用、防護服用素材などの分野に進出した。


カネカロンの開発については、阪大Knowledge Archive「コア・コンピタンスに基づく市場の特定 : 合成繊維カネカロン事業の再建」という論文がある。
  http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/17130/1/oep057_1_043.pdf

ーーー

カネカはマレーシアのパハン州ゲベン工業団地に以下の100%出資子会社を持つ。

社名 設立 製品 能力 備考
Kaneka (Malaysia) 1995 MBS樹脂「カネエースB」等 30千トン 日米欧を合わせ、4拠点合計203千トン
カネカロン(今回) 12千トン 日本と合わせ、73千トン
Kaneka Electec 1995 グネットワイヤー   2009年10月閉鎖
Kaneka Eperan 1996 発泡ポリオレフィン樹脂
「エペラン」「エペランPP」
3.6千トン  
Kaneka Paste Polymers 1999 ペーストPVC 60千トン  
Kaneka Innovative Fibers 2010 難燃ポリエステル繊維
 Futura
  頭髪装飾製品用(主に米国市場向け)
Kaneka Apical Malaysia 2012 ポリイミドフィルム   600トン 日・米を合わせ、合計 3,200トン
グラファイトシート    


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2438

コメントする

月別 アーカイブ