中国海洋石油(CNOOC)、北極圏油田開発に参加

| コメント(0) | トラックバック(0)


アイスランドの国家エネルギー機関(Orkustofnun)は1月22日、中国海洋石油(CNOOC)に対し、北極圏での石油開発の認可を与えた。同社が最近発表した。

アイスランドは同国の東北の北極圏にある Jan Mayen海嶺の一部 Dreki Area の権益を持つ。(残り地域はノルウェー )

「北極圏」は北緯66度33分以北の地域

今回、Dreki Area での3番目の認可で、権益者は以下の通り。

CNOOC 60%
アイスランドのEykon Energy 15%
アイスランド国営石油 Petoro Iceland 25%

Petoro Icelandは全ての鉱区で25%の権益を取得することとなっている。


アイスランドは2013年1月に2つのライセンスを与えている。

下図 赤色地区 Faroe Petroleum(Norway)  
Iceland Petroleum   
Petoro
 Iceland
67.5%
7.5%
25.0%
 
下図 青色地区 Valiant Petroleum  
Icelandic Kolvetni
Petoro
 Iceland
 56.25%
 18.75%
25.0%
2013年にカナダの Ithaca Energyが買収

 

それぞれの区域は下記の通り。

中国企業にとって、最初の北極圏での採掘となる。

中国は2013年に280百万トンの原油を輸入している。国内生産は208百万トンにとどまっており、輸入比率は58.1%に達する。

中国の石油会社はグローバルに展開しているが、北極海域の油田開発についてもチャンスを窺っており、ロシアのRosneftの社長が2013年上半期に中国を訪問、CNOOCその他の石油会社とロシア北極海域に眠る油田開発について 議論したと報道されている。

ーーー

中国とアイスランドは2013年4月15日、自由貿易協定(FTA)を締結した。
中国にとって欧州の国との最初のFTAとなる。

中国は、地熱探査やグリーンエネルギーなどの分野での協力強化、氷河や火山、地震などの共同研究と技術協力、海洋と極地共同研究センターの構築に力を入れていきたいとしている。

中国にとっては、北極圏進出の象徴としての意味合いもあると報じられている。

また、SinopecはアイスランドのOka Energy Holdings と提携し、地熱開発に取り組んでいる。

アイスランドにとっては、水産物などの中国向け輸出は約6100万ドルとなっており、FTAにより更に恩恵を受けるとみられている。

ーーー

北極圏開発のルールづくりを各国が話し合う北極評議会は2013年5月、中国と日本、韓国、インド、イタリア、シンガポールの6カ国を評議会の「オブザーバー」に加えることを決めた。


北極評議会の構成は下記の通り。

 




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2459

コメントする

月別 アーカイブ