インドで高純度テレフタル酸 大増設

| コメント(0) | トラックバック(0)

インドのReliance Industries Limited (RIL) は本年4月10日にグジャラート州 Dahej でPTA工場とPET工場の操業を開始した。

PTAプラントの能力は115万トンで、PETプラントの能力は65万トン。原料パラキシレンはRILのJamnagar 製油所から供給する。

同社では同じ工場で同規模のPTAプラントを建設中で、年内にも完成する予定。
同社のこれまでのPTA能力は205万トンで、第二工場が完成する年末には合計能力は435万トンとなる。

同社はこのほかにマレーシアにBPから買収した 61万トンのPTAプラントを持っている。
          2012/10/3 BP、マレーシアのPTA事業をインド Relianceに売却 

インドは世界で第二位のポリエステル生産国で、能力は540万トンとされている。
インドは年間25万トンのPTAを輸入しており、RILでは今回の増設でインドがPTA自給に近付くとしている。

PETプラントは2ライン合計65万トンで、ボトルグレードのPETレジン工場としては最大となり、同社の合計能力は115万トンとなる。
Dahej 工場にはPET原料のPTAとMEGの両方を生産している。

ーーー

JBF Petrochemicals もKarnataka州 Mangalore Special Economic Zone (SEZ)  でPTA工場を建設中で、年内にも生産を開始する。

能力は125万トンで、1系列ではインド最大となる。
原料のパラキシレンは同じSEZ のOMPL Aromatics Refinery から供給を受ける。

JBF Petrochemicals は繊維会社のJBF Industries が原料への遡及のため設立した子会社。

ーーー

インドの現在のPTAの生産能力は400万トン弱だが、355万トンの増設となり、ほぼ倍増となる。

  現状 増強 増強後
Reliance 205万トン 230万トン 435万トン
MCC PTA India
三菱化学 66%
127万トン   127万トン
Indian Oil Corporation (IOC) 55万トン   55万トン
JBF Petrochemicals   125万トン 125万トン
合計 387万トン 355万トン 742万トン

 

三菱化学子会社のMCC PTA Indiaの第1期プラントは、三菱化学の最新鋭の自社技術を採用し、2000年に年産35万トンの規模でスタートし、その後数次に渡る能力増強を重ね、年産47万トンとなっている。

インドの需要の伸びに対応するため、第2期として80万トンの増設を決めた。約370百万ドルの投資で2006年1月にプラント建設に着手し、2008年6月に完工した。

三菱化学は2009年2月、テレフタル酸事業の事業構造改革を発表した。
国内生産から撤退、本社機能
を海外に移す。

本社機 シンガポール 2009年6月
技術に関する本社機能 インド(西ベンガル州ハルディア) 2009年末


松山工場停止後の三菱化学のテレフタル酸供給基地は以下の通り。

場所 会社名 能力  
インドネシア メラク 三菱化学インドネシア(旧バクリー化成)   640千トン 83.2%出資
韓国 麗水 三南石油化学(三養社とのJV)  1,700千トン 40%出資
インド 西ベンガル州ハルディア MCC PTA   470千トン
  
800千トン
66%出資
中国 浙江省寧波市 寧波三菱化学   600 千トン 日本側90%x61%出資
合計  4,210千トン  


2009/2/24  三菱化学、テレフタル酸事業の事業構造改革

 


  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/2884

コメントする

月別 アーカイブ