FRBが本年3度目の利上げ

| コメント(0)


米連邦準備理事会(FRB)は9月26日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.75~2.00%から2.00~2.25%に引き上げることを決定した。決定は全会一致で、今年に入ってから3回目となる。 

年内は12月にあと1回の利上げが実施されると予想、2019年は3回、2020年は1回との見通しを示した。

声明で、「労働市場が引き締まり続け、経済活動が力強い速度で拡大していることを示している」と指摘した。前回まで記載していた「金融政策のスタンスは引き続き緩和的だ」とする文言を削除した。

FOMCのメンバーは長期的に適切な政策金利の水準を3.0%(中央値)と見込んでおり、足元のペースで利上げすれば2019年半ばには同水準に到達する。声明文の変更は、FRBが進めてきた金融緩和の縮小が終結しつつあることを示している。 



2008/10 2.00%→1.00%
2008/12 1.00%→0.00%
  ↓   0.00%
2015/12 0.00%→0.25%
2016/12 0.25%→0.50%
2017/3 0.50%→0.75%
2017/6 0.75%→1.00%
2017/12 1.00%→1.25%
2018/3 1.25%→1.50%
2018/6 1.50%→1.75%
2018/9 1.75%→2.00%
(2018/12 ) (2.00%→2.25%)

コメントする

月別 アーカイブ