英下院、「離脱延期」 を可決

| コメント(0)


英下院は3月14日、前々日の「離脱合意案」の否決、前日の「合意なき離脱拒否」の可決(「合意なき離脱」の否決)を受け、最後の「離脱延期」の採決を行った。

英政府の議案は、次の通り。

英議会が3月20日(EU首脳会議の前日)までに英国とEUがまとめた離脱案を承認した場合、6月30日での一時的延長をEUに申し出る。この期間を離脱案を具体化する関連法案成立の作業に充てる。

3月20日までに承認が得られない場合は、「EU側から延期の明確な理由や期間が求められる。また、延期期間が6月30日を越える場合は、5月に行われる欧州議会選挙に英国が参加を求められる。」

ーーー

トゥスクEU大統領(常任議長)の報道官は、英政府から離脱延期の要請があればEUは検討するが、「離脱延期とその期間には信頼できる理由」が必要だと語った。

欧州議会選挙は5月23日~26日に行われる。新たな欧州議会が開会する7月2日以降も英国がEUにとどまる場合、英国は欧州議会選挙を実施する必要がある。

メイ首相は3月13日の採決後に、「数日以内に議会で打開策を見いだせなければ、延期期間は長期になるだろう」と述べた。

下院は、英議会が3月20日(EU首脳会議の前日)までに英国とEUがまとめた離脱案を承認した場合、6月30日での一時的延長をEUに申し出る との首相の提案を賛成413、反対202で可決した。

政府は「3月20日までにEU離脱協定が議会承認されれば、6月30日までの延期を求める」とした上で、「20日までに議会承認されなければ、より長い延期を求めることになる」としている。この場合、欧州議会選挙を実施することとなる。

メイ首相は来週、これまで2度否決されているEU離脱協定を改めて採決にかけ、引き続き協定の議会承認を模索する。

ただ合意案承認は見通せず、歴史的なEU離脱を巡る英国内の混乱や不透明な情勢は続く。

投票結果は下記の通り。(速報分を修正)

担当閣僚であるバークレイ離脱担当相やフォックス国際貿易相、ウィリアムソン国防相ら閣僚の多くも反対票を入れたほか、保守党内の最高幹部レッドソム下院院内総務(閣僚級)も反対した。

議員 議長他
不投票
投票権者 賛成 反対 棄権
保守党 315 2 313 112 188 13
民主統一党 10   10 10
(与党) (325)   (323) (112) (198) (13)
労働党 245 2 243 236 3 4
スコットランド国民党 35   35 35
自由民主党 11   11 11
独立党 10   10 5 1 4
独立グループ 11 11 9 2
シン・フェイン党 7 7 7
プライド・カムリ 4   4 4
緑の党 1   1 1
合計(欠員 1) 649 4 645 413 202 30



付記  今後の可能性は次の通り。

コメントする

月別 アーカイブ