FRB、10年半ぶり利下げ、資産縮小も終了

| コメント(0)


米連邦準備理事会(FRB)は7月31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を、年2.25~2.50%から年2.00~2.25%に引き下げた。


FRBは再び金融緩和路線に転じる。但し、パウエル議長は「景気循環の途中の調整」と述べ、長期の利下げ局面入りは否定した。

利下げの理由を「海外経済の動向とインフレ圧力の停滞」とし、景気悪化を未然に防ぐ「予防的利下げ」に踏み切った。

又、米国債など保有資産を縮小する「量的引き締め」も、2カ月前倒しして終了することにした。

当初、米連邦準備理事会は、2019年1月以降、毎月500億ドルのオートパイロット(自動操縦)形式で進め、2.5~3.0兆ドルの水準になるまで淡々と圧縮するとしていた。終了時期は2021年から2022年にかけてと示唆していた。

2019年2月20日に公表した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、2017年秋から続く保有資産の縮小を2019年中に終了する方針を明らかにした。

3月20日の米連邦公開市場委員会で「量的引き締め」は2019年9月末で停止すると決めた。

今回、7月末の終了を決めた。

FRBの発表によると、アメリカの雇用市場はなお力強く、経済活動も堅調に伸びている。

「新規雇用はここ数カ月、平均して手堅く伸びており、失業率は低い値を維持している」


「家計支出の伸びは年初から回復してきていたが、企業固定投資の伸びは緩やかだ」と分析した。

また、「12カ月ベースで見ると、全体のインフレ率と食品・エネルギーを除くインフレ率は2%以下を推移している。」

この値がインフレ目標を下回っているため、利下げに踏み切ったとFRBは説明した。

ーーー

Trump大統領はかねてから利下げを要求していたが、ツイッターで下げ幅が小さいと不満を表わにしている。

いつも通り、パウエルは我々を失望させた。

As usual, Powell let us down, but at least he is ending quantitative tightening, which shouldn't have started in the first place - no inflation.
We are winning anyway, but I am certainly not getting much help from the Federal Reserve!

「これが長期的・野心的な利下げサイクルの始まりで、中国やEU、世界中の国々と足並みを揃えられるようになる」と言うのを期待していたのに。

コメントする

月別 アーカイブ