英国下院補欠選挙で与党敗北

| コメント(0)

就任したばかりのイギリスのジョンソン首相にとって、初の国政選挙となる下院の補欠選挙が8月1日行われ 、与党・保守党が敗北した。

補選が行われたのはウェールズ地方の Brecon and Radnorshire 選挙区で、保守党議員Chris Davies が3月に国会議事費に関する2件の詐欺容疑で有罪を認め、6月21日にリコールの請願により解任された。

保守党からはChris Davies 候補が再出馬したが、2015年まで議席を確保していた自由民主党が 勝った。

自由民主党候補 13,826票、保守党候補 12,401票、ブレグジット党候補 3,331票、労働党候補 1,680票、その他。

総議席650のうち、投票するのは639だが、与党(保守党と民主統一党)は320議席となり、僅か1票差での過半数である。党内で1人でも造反があれば重要法案は否決される。
10月末の離脱実現を目指す新政権にとって大きな痛手となった。

議長と副議長(保守1、労働党2)は投票しない。北アイルランドのSinn Fein党(7人)は 女王に忠誠を誓うのを拒否し、議会をボイコット、歳費も受け取らない。

2017/6/8 選挙 異動 2019/1/15 異動 2019/8/2 投票なし 議決権
保守党 330 -13 317 317 -6 311 1 310
民主統一党 8 +2 10 10 10 10
(与党)

(327) (327) (-6) (321) (1) (320)
労働党 232 +30 262 -6 256 -9 247 2 245
スコットランド国民党 56 -21 35   35 35 35
自由民主党 8 +4 12 -1 11 +2 13 13
独立党 1 -1 0 +8 8 +3 11 11
独立グループ 0 0 +5 5 5
シンフェイン党 4 +3 7 7 7 7 0
ブライドカムリ 3 +1 4 4 4 4
緑の党 1 1 1 1 1
社会民主労働党 3 -3 0 0 0 0
アルスター統一党 2 -2 0  0  0 0
Change UK 0 +5 5 5
無所属 1 1 -1 0 0  0
議長 1 1 1 1 1 0
合計 650 0 650 0 650 0 650 11 639


今年に入って補選は3回目。

2月17日にウェールズを選挙区とするベテラン労働党議員が死去したが、この後任については4月5日の補欠選挙で労働党候補が当選し、議席を維持している。

イングランド東部のPeterborough 選挙区の労働党女性下院議員Fiona Onasanya がリコールされ、6月6日に下院補欠選挙が行われ、僅差で労働党候補が当選した。

2019/6/8 英国の下院補欠選挙

今回、リコールされた保守党議員に代わり、自由民主党が当選した。

コメントする

月別 アーカイブ