OPECプラス、現行の減産を1カ月延長

| コメント(0)

OPECプラスのエネルギー担当閣僚は6月6日、テレビ会議を開き、現行の減産の1カ月延長を決めた。

4月12日の合意では下記の通りであった。

2020/5~6 2020/7~12 2021/1~2022/4
2020/4/12決定 970万バレル

770万バレル

580万バレル


2020/4/13 OPECプラス協調減産、日量970万バレルで最終合意

今回、6月に下記の自主的追加減産をすることが分かった。

Saudi Arabia (1 mb/d); UAE (100 tb/d); Kuwait (80 tb/d) ; Oman (10-15 tb/d)
Several countries, such as Norway and Canada

今回、下記を決めた。

1) 7月の減産量を日量960万バレルとする。

  5~6月の減産を継続するが、メキシコ(減産義務 10万バレル)が7月に離脱

2) 割り当てられた減産量を守らず、生産超過にある参加国(イラク、ナイジェリアなど)は7~9月に減産を拡大し、超過分を相殺


 付記 サウジは別途行っていた自主的追加減産 100万バレル/日を6月末で終了すると発表した。



現在の市況は下図の通り。

OPECプラスのリーダーのサウジとロシアは、歳入の観点から原油価格の急落は避けたい一方、米シェール企業の生産再開を誘う50ドルを大きく上回る事態は避けたい、との思惑では一致している。

コメントする

月別 アーカイブ