米財政赤字、3倍の3.3兆ドルに

| コメント(0)

米議会予算局(CBO)は9月2日、今後10年間の財政見通しを改定し、2020会計年度(2019年10月~2020年9月)の財政赤字が前年度比3倍の3.3兆ドル(約350兆円)に膨らむとした。
連邦政府債務も国内総生産(GDP)比で126%まで膨張し、第2次世界大戦直後を超えて過去最悪となる。

2020年3月時点では、2020年度の赤字は1.073兆ドル、2021年度は1.0兆ドルとしていたが、大幅に見直した。歳入が減少し、歳出が大幅に増えた。

単位:10億ドル 2020年度 2021年度
2020/3時点 Revenue 3,632 3,815
Outlays 4,706 4,817
Deficits -1,073 -1,002
2020/9時点 Revenue 3,296 3,256
Outlays 6,606 5,066
Deficits -3,311 -1,810


ーーー

米財務省が2019年10月25日に発表した2019会計年度(2018/10~2019/9)の財政収支の赤字額は、前年度比26.4%増の9843億88百万ドル(約107兆円)となり、1兆ドルの大台に迫った。
赤字額は4年連続で拡大し、7年ぶりの高水準となった。

前年実施した法人税などの大型減税の影響で歳入の伸びが鈍い一方、歳出拡大を進めた結果、財政赤字が膨らんだ。

2020年度以降は赤字額がさらに膨らみ、財政赤字は「1兆ドル時代」となる。貿易赤字とともに「双子の赤字」となる。

2019/10/30 米財政赤字4年連続拡大

ーーー

今回CBOが見直した財政収支予想は下記の通りとなる。

2020年度は赤字は3.3兆ドルとなり、2021年度も1.8兆ドルとなる。2022年度は1.3兆ドルを見込む。


コメントする

月別 アーカイブ