2012年3月期決算対比

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年3月期の決算がほぼ出揃った。

一般的に2008年3月期が大好調であったが、Lehmanショックによる世界的な不況で2009年3月期には一転、大幅な下落をみた。
2011年3月期には回復が見られたが、2012年3月期では石油化学と液晶関係を中心とする情報電子化学が悪化し、減益となっている。

これらの事業の問題点については下記を参照。

石油化学    2010/12/29  2010年 回顧と展望

情報電子化学  2011/12/26   2011年 回顧と展望

各社の好調時の2008年3月期(青)と、2011年3月期(黄)・2012年3月期(赤)の営業損益を対比する。

ほとんどの会社が2008/3>2011/3>2012/3となっている。

例外は下記の通りで、他社に差をつけたものを持っている企業が強い

 三菱ケミカル:2011/3月期から三菱レイヨン(MMAほか)が連結子会社となった。

                                        
2012/5/18 2012/3月期決算-総合化学-1(三菱ケミカル、住友化学)     
     

 東レ:繊維(衣料用、産業用)が好調

 2008/3の繊維の利益は(現在と区分が若干異なるが)214億円

 クラレ: ポバールフィルム等
         
2012/5/7 クラレの2012年3月決算と樹脂事業概況 

 積水化学:住宅が好調

 日本ゼオン:エラストマー素材が好調

 日本触媒:基礎化学品(アクリル酸、酸化エチレン等)、機能性化学品(吸水性樹脂等)が好調。

参考  2012/5/3 2012/3月期決算-信越化学



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.knak.jp/knak-mt/mt-tb.cgi/1837

コメントする

月別 アーカイブ