Saudi Aramco、韓国のHyundai Oilbank に出資

| コメント(0)

Saudi Aramco は1月28日、現代重工からHyundai Oilbank の株式 19.9% を16億ドルで買収することで合意した。両社が来月の取締役会でこれを承認する予定。

Saudi Aramcoはアジアの市場を確実にするため、各国の石油会社に出資している。既に韓国のS-Oil に63.41%を出資している。

韓国 Hyundai Oilbank 19.9% 今回発表
S-Oil 63.41% 1991年 35% / 2015年 28.41%
日本 昭和シェル 14.96% Shellから 2004年 9.96%、2005年 4.99%
マレーシア RAPID計画 50% マレーシアのRAPID計画、間もなくスタート
インド Ratnagiri計画 25% アブダビ国営石油と共同参加
インドネシア Cilacap 計画 2015/2 基本覚書
パキスタン Gwadar 計画 2019/1 基本覚書
中国 浙江石油化工 9% 浙江石油化工に出資
盤錦  Norinco計画 製油所/エチレン100万トン
雲南   PetroChina計画
Fujian Refining & Petrochemical 25% 福建石化計画


Hyundai Oilbank は元々、現代重工の子会社であったが、1999年のアジア危機に際し、UAEの
International Petroleum Investmentのオランダ法人Hanocal BV が50%を取得、2003年に20%を追加購入し、70%とした。

2010年8月に現代重工がこれを買い戻した。

2009/11/21 現代グループ、Hyundai Oilbank の経営権を奪還

現在、現代重工はHyundai Oilbank の91.13%を所有している。

Hyundai Oilbank は大山に日量65万バレルの製油所を持ち、石油製品を世界に輸出している。韓国には2400カ所の給油所を運営している。
また、下記のJVで、年産120万トンの混合キシレン工場、年産118万トンのパラキシレン工場、25万トンのベンゼン工場を持つ。

Hyundai Oilbank とLotte Chemical は大山にJVの現代ケミカルを持ち、混合キシレンを生産するが、昨年に重質油石油化学の投資で合意した。

Hyundai Oilbank とLotte Chemicalは2014年1月、両社が進出している大山工業団地に合弁でコンデンセート精製プラントと混合キシレン(MX)プラントを建設する契約を結んだ。

両社はHyundai Oilbank が60%、Lotte Chemical が40%で新会社「現代ケミカル」を設立した。

混合キシレンを年120万トン生産し、Lotte Chemical とHyundai Cosmo(下記)に供給する。2016年11月に完成した。

Hyundai Oilbank とLotte Chemicalは2018年5月、重質油石油化学設備(Heavy Feed Petrochemical Complex)の投資で合意した。

現代ケミカルで、原油の常圧蒸留によって残った重質油(残渣油)を主原料とし、年間75万トンのエチレンを生産、これをもとにポリエチレン75万トン、ポリプロピレン40万トンを生産する。これらはほとんど海外に販売される予定。2021年末の商業運転開始をめざす。

別途、Hyundai Oilbankとコスモ石油は2009年に50/50JVのHyundai Cosmo Petrochemical を設立した。

Hyundai Oilbankよりナフサを原料とする既存パラキシレン製造設備を譲り受け

パラキシレン 380,000トン/年、ベンゼン 13万トン/年

ミックスキシレンを原料とする新規パラキシレン製造設備を新設、2013年1月から生産

パラキシレン生産量800,000トン/年(合計118万トン/年に)、ベンゼン 12万トン/年(合計 25万トン/年に)

2009/5/8 コスモ石油、韓国でパラキシレン製造へ

コメントする

月別 アーカイブ